*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年01月13日

優しい空間


軽くお腹に入れられるように

フルーツのタルトを買っておいたので


伴奏合わせが終わってから

フルーティストの舞さんと頂きました



いつも、リビングに入ると、舞さんは

お部屋を「すてきー!!」と褒めて下さいますぴかぴか(新しい)



そうして褒めて下さる方がいると

お部屋も、デザイナーさんも喜ぶと思います



デザイナーさんは、膨大な数の

輸入の壁紙やら、カーテンやら

カーテンレール、シェード、床材に至るまで


選び集めて頂いた中から


さらにどの組み合わせが良いか

一緒に考え抜いて下さったので


程よい統一感と、アクセントが効いています



なにより

ゆっくり過ごせるような

綺麗さの中に、ふわっとした柔らかさが生きるように

計算してくれました




お部屋は、優しいです



ゆっくり疲れを癒せるように

“少し、休んでおいで”と

優しく声をかけてくれます




気持ちが忙しいときは、忘れてしまいますが


“綺麗だね”とか

“良いお家だね、ありがとう”とか


声をかけるようにしています



幾つか過去に暮らしていた場所は

荒っぽくされていて、とげとげした空気が漂っていましたので

自分の作ったお家は、それを一切、改善しようと思いました



お家やお部屋にも

ピアノ様の底なしのアイデンティティには負けますが(笑)


なるべく、ふんわりと声をかけていると

もしかして意思が宿っているのかなと

思う時があります



人だって、物だって

大事にされていれば


その空気を、ふんわりと

香らせるものなのかもしれませんね

Satomi
タグ:Room
posted by satomi at 23:28| Comment(0) | 日記

濃厚伴奏合わせ


午後からは、フルーティストの

鈴木舞さんとの合わせ

・・・5時間ダッシュ(走り出すさま)(笑)



途中にお打ち合わせも、若干は挟みますが

ほとんど吹きっぱなし、弾きっぱなしです




これが声楽家さんだと


麗しき美食家の皆様の伴奏合わせは、正味1時間で

残りの時間は「美味しいものを頂く」という時間に

費やされるところなのですが・・・おほほ




ものすごいタフかつ、かなりの集中力です



DSCF0284.JPG



しかも一番ビックリしたのは


プログラムに宮城道雄さんの「春の海」が入っているのですが


ムラ息奏法とか、尺八独特の奏法もしながら

装飾音の入れ方も、音色の加減も

まんま尺八!



ほとんど尺八で演奏されているのと

区別がつかない位に、尺八テイストを細かく研究されていて



昔私は、尺八奏者の方の伴奏などもしていたので

フルートとの根本的な違いとか、越えられない壁?みたいな部分も

肌で感じていた経験がありました


そんなものは、軽く越えて来た感が凄いです




しかも、ご家族様に作曲家さんがいらっしゃるので

お家で編曲もして下さっていて


普通だと、一人で

あーでもない、こーでもないやる所なんですが(笑)

最強ですね




ピアノ様が、おとといから若干故障個所があったり

湿度の変化で、ダンパーが異変をおこしたり

ネジがゆるんだり

色々してくるものですから



弾きながら、それらもカバーして

とにかく弱点はカバーして


さらに演奏そのものが、過酷に難しいメーカーさんですし


それに加えて、ヴィンテージという

元々の設計上の難しさも加わって


3重苦どころか、5重苦あたりに

挑戦しているようなものです




来週は、調律の神が降臨される予定ですので


そこでまた、F1みたいに

繊細さの限界をさらに越えて


ほとんどピアニストは使いこなす事が不可能になるレベルまで

感度が恐ろしく上がるチューンナップを

して下さることとなりますので


7重苦に向かいます



・・・受難曲です

Satomi
タグ:Fl.
posted by satomi at 22:21| Comment(0) | 活動報告