*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2016年01月31日

コンプリートォォ


ブログを書き始めてから初の

更新一ヶ月・完全制覇です手(チョキ)


おめでとうございました黒ハート←自分で言ってみた



Tableware 2014 今田 美奈子.jpg


毎日、欠かすことなく

誰よりもマメに、書く人よりもさらにマメに

ご訪問頂く皆様、ありがとうございます



さー、これで油断して

2月から空白の日々にならないように気をつけますペン

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 02:06| Comment(0) | 日記

欲を捨てる


ベーゼンは基本的に、脱力奏法で弾く楽器なので

美しい音を鳴らす独特のメソードがあって

その奏法を駆使して弾いてやらないといけません



併せて「自分を良く見せてやろう」と言う

ギラギラの欲望・・・?

を持った弾き方をされるのが、お嫌いだそうで



「俺様の凄さを、知らしめてやるわ!!」と弾くと


“貴様のセンスと才能の無さを、思い知るが良い”と

完膚なきまでに逆襲されます



お見事!手(パー)(笑)←笑っている場合ではないですね



撫でて差し上げると、機嫌が良いのですけどね猫




ソリストさんでも、好き嫌いがあります


純粋で誠意があって、欲の無い

一生懸命、音楽に向かっていらっしゃる方が

お好きだそうです



逆に、お金(ギャラ)が、常にちらついていたり


出来るだけ、手抜きをして適当にお仕事を済ませようと

気持ちが音楽表現に向いていないとか


面倒なことは、やるつもりないという惰性の姿があるとか



(確かに、少ない労力でお金になった方が

稼ぐ為には必要な視点ですし

苦労を買うのは、誰でも嫌ですけどね)



そういう人は、お嫌いだそうで


何かしらのトラブルが発生したり

最終的に、チャンスも信用もギャラもなくなったりします

しかも長期的に見ると、かえって大きな損失をプレゼントされます



・・・ピアノ様、それは幕府のお取り潰しですか??



建築時の業者でもそうでしたし

何らかの担当者でも


皆さん、最上級に丁寧に向き合って下さる方でないと

トラブルに見舞われたり、話が潰れたりしました


あと、扱いを知らない人に貸されるのがとても嫌みたいですね


(もともと、ベーゼンドルファー・ピアニストは

天然記念物並の希少価値ですから

扱いに長けた方なんて、そうそう居ないんですが・・・)


嫌な事をマネジメントしてしまうと、問題が起きます




そのかわり、純粋に一生懸命お付き合いのできる方には

繁栄を贈ってくれますひらめき




演奏のお仕事は、ご依頼を頂くだけでも

なかなか難しい場合がほとんどでしょうし


一発勝負に結果を出し続ける必要がありますから

楽では無いですよね



そこに、金銭の困窮から

お金お金お金・・・!(笑)


そのお気持ちも、痛いほど分かりますがふらふら

お金が目的の演奏では、心を打たないですから

ラブリーお金は、結果的に遠のきます


勿論、費用は大事ですし、そのお陰で暮らしているのですが


お金は最初の目的では無くて

最後に付いてくるもの、という感じでしょうか



不思議ですね


自分の事で、いっぱいになってしまっている

ソリストさんには、トラブルを


自分の事よりも、誰かを幸せにしようとして

労をいとわず頑張っているソリストさんには繁栄を

与えています



いつも、どこか欲を捨てて

自分本位な都合を捨てて


今ある力を引き出して

目の前の出来事に、誠意をもって取り組めた時に


「良く頑張ったね」と

ご褒美を出す仕組みになっているみたいです



幕府のシステム・・・厳しいなー

Satomi
タグ:Bösendorfer
posted by satomi at 01:50| Comment(0) | Concert Salon

2016年01月30日

フルートの音色


舞さんのフルートの演奏をお聴きになった

先日のお客様から


「フルートって、何て綺麗な音がするんだろう・・・」

目を閉じて聴き入りました


と感想を頂きました



1082.JPG

(ソワレでのお写真なので、すこし飴色です)


何人もの方が

「涙がこぼれました」と仰って下さる曲もあり


気持ちを込めて吹いて下さっていたので

そういうのが、伝わったのではないかなと思います


Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 23:34| Comment(0) | 活動報告