*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年10月07日

ストイック


スケジュールの調整が付いたところで

サロンの録音設備をセッティングしてくれた


バリトンの本多さんが、はるばる確認と撤収に

お越し下さいました



お家までの、距離計算をしてみたところ

108kmですよ!



遠すぎる・・・!




海のお近くエリアですので

美味しい「かまぼこ」を頂戴いたしました黒ハート


ワサビ醤油で頂きたいと思いますレストラン





Mario068.JPG




マチネとソワレで、それぞれちゃんと録れているか

ご確認をして頂きました


時間設定を見て

「おいおい、真鯉男くん

どんだけ歌ってんだ!?」と言うので



“ゲネ(リハーサル)と本番とで

合わせたら4時間半は歌いっぱなしです・・・!


しかも、最後まで歌いきってますよ



ゲネは、疲れるといけないから

私は軽めでとは言いましたが


(歌い手さんや金管だと、バテてしまう事が多いのです)

真鯉男さんは、大丈夫と言ってしっかりやっていて


さらに本番でも音が当たらないとか、声がかすれるのも一切ナシ


ピアノソロを入れたのは、着替えのタイミングだけです


どこかで長大に、ピアノソロを入れて

ソリストのスタミナ不足を、ごまかすような事も一切ナシ



しかも、テノールとカウンターテナーを

曲ごとに混ぜたりしていて


パートの切り替えだけ考えても、普通だったら

ほとんど歌えなくなりますから


ありえない体力と技術ですよ”




「何だー、ギネスに挑戦!ぴかぴか(新しい)

みたいなコンサートやってんのかー!?(笑)」


本多さんは驚愕していますダッシュ(走り出すさま)




演出も、ここでこれをして・・・

数々の演出をひとしきり説明すると、また驚愕していますダッシュ(走り出すさま)



さらには、オペラの部分の録音(歌声)を早速聴いて


「おいおい、真鯉男くん絶好調グッド(上向き矢印)じゃないか!」

で、驚愕ダッシュ(走り出すさま)



驚愕・三段活用はいりましたねわーい(嬉しい顔)




これは、まさに日頃の鍛錬のたまものです



発声法とか、体の使い方

はたまた精神的なコントロールまで


真鯉男さんは、いつも独自に研究したり実践して

日頃から歌い尽くしています



ごく平均的な声楽家さん方が30分で「疲れた」とか

言っているところで


一人で何時間も歌い続けています




それが確実な結果として、本番の時に出ますね


(軽々とやりこなす歌い手さんが果たしてどれだけ居るか

専門だって、何千人に一人とかの割合じゃないでしょうか?)



たとえ輝かしいキャリアがあったとしても

手を抜くと、みーんな本番でバレてしまいます

(勿論ピアノでも同じですけどね・・・怖いです)



いくつになっても、キャリアをどれだけ積んでも

日頃の行いが、全て正しく露見してしまいます



その宿命を良く理解しているからこそ


「夏から、発声のコントロールと体の使い方のトレーニングだけで

毎日、一日3時間とって、練習しているんだよね」


と、本番前の合わせの時もサラッと

真鯉男さんはお話していました




本多さんは神妙な面持ちで

「だから、できるんだよな・・・

真鯉男くん、ストイックに取り組む所があるからな」



同業者(歌い手さん)から見て、尊敬に値する事を

当たり前のこととして、やっていて


そのストイックさが

喜ぶお客様から、ご指名が続くという結果も

もたらしていると思います




色々と撮影して頂いたサロンでのお写真を全部見て


本多さんは

「真鯉男くん、生き生きしてんな〜」と

優しく微笑んでいましたかわいい

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 19:50| Comment(0) | 活動報告