*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年08月31日

伊藤真貴さんの演奏会に行ってきました


本気で譜読みをしなくてはいけないと思いつつ

電車の移動でも、頭にデータを入れながら

横浜のみなとみらいに行きました




いつも沢山お世話になっている

明るい笑顔と、面倒見の良い親切が抜群のヴァイオリニスト

伊藤真貴さんの演奏会でしたかわいい





伊藤 真貴.jpg

(プロフィールのお写真です)



オーボエの秋山さんもお仕事終わりで

聴きにいらしていて


最近、より頼もしく変貌したKくんと

頑張り屋さんで愛されキャラのYちゃんもご一緒でした




終演後のロビーで真貴さんを囲んで

和やかにお話してきましたわーい(嬉しい顔)



「何もいらないから、手ぶらで来てね」と仰っていましたが

当然、それぞれが贈り物紙袋を持参



「えー、いいってばー」なんて言う真貴さんを

円形に取り囲んで

みんなで贈り物を差し出して、受け取ってもらうのを待つ姿は


“真貴さん、まるで一斉にプロポーズされてるみたいですね”

と、言いながら笑いましたが


さながら告白タイムでした




カーテンコ−ルで指揮者が舞台挨拶をする時も

弦の皆さんは、終始おっかない顔で

立ち尽くしていらっしゃいましたが(笑)



真貴さんだけは、にっこり笑顔で

周りに気遣いをしていて



そんな所にも、真貴さんの人柄が出ていて

素敵だねと話しながら帰りましたるんるん


お疲れ様でした〜

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 23:59| Comment(0) | 日記

2015年08月30日

学級目標


去年より、もっと良くする


去年より、もっと上手くなる黒ハート



Salon アイデック カフェ・チェアー.jpg





お家の学級目標ですペン

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:33| Comment(0) | 活動報告

黄金期と言われる時間を


演奏に併せて、打ち合わせなども若干出来て

また次のステップを整えたりする午後でした



持っているコンセプトも色々とあるのですが

その一つに「生かしきる」ということがあります




今日、そんなお話をしていた場面では

歌い手さんも楽器の方もいらしたのですが


個々の持っている才能、キャラクター、特技

それぞれに、違った素晴しい面がある訳です


それを「十分に生かしきること」が大事だと思います手(パー)



何かの花なのだとしたら

大輪の花が美しく咲くように

エネルギーを注ぎ続けて、研鑽して、向上していくこと



その為にもやっている運営の側面があります



スワロフスキー クリスタル.jpg




多くの場合、10代から20代前半にかけて

熱心に勉強したり、留学する方もいるでしょうし

集中して頑張るのですが


そのあと、向上させることを諦めてしまいます



かなりエネルギーをかけないと

上手くなんてなりませんから、演奏って大変なんですよダッシュ(走り出すさま)(笑)



良くてせいぜい現状維持、音楽はやっていきたいけど

食っていけないからね〜なんて言って


ごくたまに、ちょっと本番があるかないか


「年とると劣化するよね〜

最近、演奏とかしんどくって」


どこの老人ホームの会話ですか!!

じーさん、ばーさん?になってどうするんですか!(笑)



それは、劣化する一方です

当たり前です


圧倒的な努力不足です



本番の時に、そういう日頃の取り組みの結果が

アンサンブルをしても如実に現れます

隠しだて出来ません



上手い人は、たとえトラブルがあっても

演奏中に絶妙にカバーできるので

聴いてい気付かないように工夫できます





楽器によって、演奏家としての寿命って違いますが



例えば、声楽だったりすると


一番、体力的にエネルギーがあって

技術的にも成熟して、素晴しい時期


いわゆる人生の黄金時代は

40代位だったりすると思います

(50代になると、人によっては維持が厳しくなります)



そんな、輝かしい黄金時代を

適当な惰性で、文句でも言いながら過ごしていたら


それは、自分の音楽をやっていく時期としての

大切な「人生」を捨てている事じゃないかなと


色々な方達を見ていて思うのです





家庭環境によっては、十分な練習や準備が整わない立場で

奮闘しなければならない人もいますが


もっと今の与えられた環境でも出来る事に

素直に邁進して磨きあげて

自分のキャリアのベストを尽くせるように



もっと、自分の与えられている時期を

大切にできるようにすれば


1つどころか3ステージ位上がれるんですよね



精一杯頑張れて、良かった!!

と納得できる黄金期にしましょうよ


その時期を捨てたら

あとは病気でカウントダウンがすぐ迫ってくる年代ですよ


それでいいんですかー?




・・・て、たまには言ってみようかな(笑)



こちらは40代に向かうには、まーだ時間がありますが


少し色々興したり、モデリングで喚起する形で

劣化キャンペーンに反逆していこうと思います

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 23:25| Comment(0) | 活動報告