*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年07月06日

STEINWAY寄りに


楽器も、売れてこそ会社としての経営が

成り立つものですので


今の時代や、ニーズの変化に合わせて

楽器の仕様も営業スタンスも

変えて行かねばなりません



古き良き時代の形状を、捨てないで是非守って欲しいとの

お客様方(ピアノ・ユーザー)からの要望がある一方で


どんどん力技に向かって、ピアノの設計が

変化していってますね目




ニュアンスや音色ではなく、とにかく音量!

みたいな感じでしょうか


PAでコントロールできる時代ですし

今や電子楽器はつまみ一つで、無限に爆音が出ますどんっ(衝撃)



私も、お仕事で電気の楽器も弾きます

音響さんとつないでしまえば

本当に楽に、大きな音が鳴らせます



本来、アコースティックな楽器で

大きな音、響く音を鳴らす為には

演奏者の鍛錬されたテクニックが要るものだったんですが


ただ音量、という点においては

電気の力で、ずいぶんイージーになりました




聴く方達にとっても、世の中に爆音が普通になって

派手で大きな音に移行しているので 




アコースティック楽器のグランド・ピアノでも

さらなる音量の増大の設計にシフトしていて



先日は、新しいBECHSTEIN(ベヒシュタイン:世界の3大ピアノ名器のひとつ)

のフルコン(大型コンサートホールに設置する、一番サイズの大きいグランドピアノ)

を見てきましたが



なんとまあ、STEINWAY(スタインウェイ:あちこちのホールでお目にかかる名器ピアノ)

の設計とか、特許だった技術をいくつも採用して作っていて


“これはずいぶん、スタインウェイ寄りですね”と話すと


「存続の為にも、売れなきゃいけないので

結局、こういう路線になりましたね・・・」とのこと




スタインウェイは、ゴージャスで輝かしい音色と


本当は下手くそ〜な箇所でも、何だか上手く行ってるような

演奏のアラを目立たなくしてくれる魔法と←自分で言っちゃうけど(笑)


とにかく、ガンガン派手ハデに音が鳴るところが

コンチェルトとか、ソロには絶大な力を誇ります


知名度も抜群ですし、王者のようなピアノです



(ただ、アンサンブルとなると

経験豊富な弦楽器奏者とか、歌い手さん方は

Bösendorfer(ベーゼンドルファー)が好きと仰る方が多いです)



すでに100年前の設計からして

音量増大に対し、スタインウェイは考えられて完成されていた

非常に優れもののメーカーさんです


マーケティングの意味においても、秀逸でした



それぞれのメーカーさんが

本来は、その独自の売りだったり


そのメーカーさんだけが持つ

輝かしい個性があったはずなんですが



Bösendorferも、YAMAHAの傘下に入って

その路線の設計変更をしています



ベヒシュタインは、Bösenと同じく演奏が困難です


音の立ち上がりが早く、タッチの明瞭さが出てしまう楽器で

下手に弾くと、まさに最悪な演奏になりますあせあせ(飛び散る汗)(笑)


やはり「弾き手を選ぶ」ピアノです



弾きなれていないピアニストが本番で急に弾いたら

えらいことになってしまうので

怖くて、選んで頂けないのも分かります




長くべヒシュタインを応援するユーザーさん方は

「せめて、家庭用のサイズ(200cmまで)のピアノだけでも

設計変更しないで、元の良さを保っていて欲しい」

と、良く言われるそうです・・・



「楽器が」演奏家を育てますし

ものすごく立派で素晴しい先生なんですけどね



自分のスキルを上げて、厳しく磨く為にも


卒業した当初は、ベヒシュタインを買おうと思っていました



他のメーカーさんと比べても

650万位からの安いラインナップがあるのも決め手で


「航空代金、全額出してあげるから

自分で買い付けに行っておいでよ」とまで

話が進んでいた時期もありましたが


別件トラブルで大きな問題が出てしまって

せっかく準備していた、ベヒシュタイン購入の話が浮いてしまいました



そして時間が経って

日々の忙しさに、何もかも忘れていて


いつの間にか

ベヒではなく、Bösenの

人生を変えたり、祟りを起こす(笑)名器ピアノがやって来ました



物事には、時に流れがあります


どんなに一生懸命に頑張ってみても

動かない道もあれば


強制的にそちらへ流される場合もあります



人を選ぶのは、ピアノの方なので

こちらに選択肢はないようです手(パー)(笑)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 18:37| Comment(0) | 活動報告