*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年07月02日

救済のテーマ


どの方も、ご自身の活動の中心となる考えがあって

そこに基づいて、展開されていらっしゃいますね手(パー)



先月の演奏会で歌って下さった

バリトンの堀江見悟さんのテーマは


私が思うに「救済」なのかなと




普段は明るく、ジョークで周りを和ませてくれますが


その根底には、困っていたり辛かったり

苦しんでいる人達を、どうしたら助けられるのか

というのがあります



最初に、伴奏の打ち上げでお食事しながら

色々とお話した時に


その頃、見悟さんは行政書士の国家試験を見据えて

勉強を始めている時期だったのですが



合格率からしても厳しい試験に向けて


それこそ早朝から勉強して、お仕事の合間も勉強して

時間が取れたら体も鍛えて、夜中も勉強して〜


・・・なる、なかなかにハードなスケジュールで

活動されていましたダッシュ(走り出すさま)



そんな時にも、見悟さんは

大変だと言うことより


「自分が、少しずつでも

目標に向かって進んでいる事の方が、大事」

と言って


しんどい時はあったとしても

精一杯トライできるのは、充実している事でもあるのだから

ポジティブに捉えていると話してくれました




アンティーク・ジュエリー・ミュージアム2.jpg




音楽関係者で法律に詳しいというと

何か専門的な事情などが無い限り

あまり皆さん、そんなべらぼうには詳しくはないだろうと思いますが



例えば、住宅事情に関しても


アマチュアの方と違って、プロはかなり音が鳴りますから

賃貸でお家を探すとなると

非常に選択肢が狭まって、苦労します



夜8時まで音出し可能、なんて言われても

帰ったら夜中ですから、次の準備ができません



一年探し回って、住める物件が見つかるかどうかが

標準的なスケジュール?かもしれません



お陰様で、私はお家そのものからオーダーで作ってしまったので

その辺りの問題は、全て解決しましたが



お家がらみでも、何かと問題があったり

大家さんとの交渉や、業者さんと上手くいかなくて

良くない条件で話を進められてしまったり


とにかく、色々と困ったことが皆さんある訳です



「法律に詳しい人間が、一人でもいれば

問題が起こった時に、救済できる」

と、見悟さんは考え


それなら、大変でも自分がスキルを身につければ

音楽関係者の助けになるんじゃないか



そんな意味があったり



もっと、以前からも

音楽家仲間に、活動の機会を提供できるように

媒体を立ち上げてみたり



自分そのものと言うよりは

「誰かの為に、何ができるか」

がテーマになっているのだなと思いました



見悟さん、偉いなーと思いながら

お話を聞いていました



実際に、行政書士としても事務所をオープンして

お仕事も始められていますが


困っている方の立場に立った

親身な対応をなさっているので


「本当に良かったです、ありがとうございました!」と

クライアントさんからも、感謝されているようですね



そくある「先生」の上から目線ではなく

良く相手のお話を聞いたり

どんな点がネックなのかを捉えて、ご対応出来るのだと思います



当日、コンサートにお越しのお客様からもコメントを頂き

「そういったお人柄が、演奏に現れているようでした」

と仰っていました



とても立派な事ですし

いま、一つの道が新たに開かれたので


今後も、大きく花開いていってくれたらと思いますかわいい

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 23:58| Comment(0) | 活動報告