*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年06月04日

接点と言いましょうか


いろんなお話と疑問をお受けして、ゆるゆると説明してみましたが


アマチュアの方が、同じ楽器のプロの方と接点を持ちたいなーと

願っていても、実際のところはどうしても接点が持ちにくいです


よっぽど、門下生としてレッスンを受けているとか

そういった“業務上の接点”が無い限りは


お友達みたいに一緒に演奏がしたいワ〜と思っても

結構ムズカシイですよね・・・あせあせ(飛び散る汗)(笑)



どんなにレベルが上がっても

さらにそこから上げていかなくてはいけないので


今のフィールドから、またさらに一段高い場所へ

プロの方だって、進み続けています



楽器にもよりますが、日常の仕事量(譜読みの量とか)

数十曲とかを毎週どんどんお受けしたり


オペラだって、二時間歌うプログラムを

イタリア語だのドイツ語だの、母国語じゃない言語で暗譜する苦行?を(笑)

年間何本もこなされてます


シーズンは一日に本番も重なるし、4つ5つ公演プログラムを

同時に準備していくのが当然なので


あんまり、暇じゃーないと思います、どなた様も・・・本



あと、基礎的なトレーニングだってしていないと

体を使う以上は、どんどん退化・劣化?(笑)しますし


それこそ、人前でいつも演奏(本番)していないと

致命的なまでにカンが鈍るので


一年に一回、音大の先生の発表会でピアノ弾きますーって

その感じだと、全く仕事なんて受けられるレベルじゃないです


(周りに多大な迷惑をかけてしまいますからね・・・

金銭的な賠償問題にだってなります)


どうにかお仕事をもらえて、演奏しにきても

下手だと、けっこうな・・・辛い目に合いますから

以下略リボン(笑)



あちこち時々ご一緒する演奏家さんでも

それこそ、半年ぶりにお会いすると

さらに上手くなっています


しかも、常時です


進歩し続けています


走り続けてないと、止まった瞬間に終わりなんです

やっぱり、甘くないですからね



ゲネプロで演奏しているのを聴いて

「あの人、すごく上手くなった」とか

「前は頑張ってたのに、残念だけどかなり腕落ちてるな」とか

「もう、あの人ダメだな」とか(苦笑)



演奏家同士で、暗黙の心の中でのジャッジがあるんです

(自分が一番分かっている事だから、配慮として言いませんけどね)




そんなこんなで


時間が有り余って遊ぶぞ〜っていう感じでもないと思うので

お友達的な接点で一緒に遊んでもらおう、というのは

やはり難しいですかね



ジャンルが違っても、何らかの職業でプロ意識が高くて

ご自身の世界に邁進されている方同士だと


お話が合ったり、とても共感できたり

新たな刺激を受けたり、アイデアを頂けたり


価値のある関係が築けると思うので



楽器そのものじゃなくても

ご自身に誇れる素晴しい何かがあるのなら

違った形で、可能だろうと思います




退化したとき、一番みじめなのは

やっぱり自分なんですよね


それが嫌なら、本気で上がっていくしかありません晴れ

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 13:45| Comment(0) | 活動報告