*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年06月11日

大事にされるエネルギー


あと15年ほど頑張ったら

うちのピアノは、一世紀生きてます(笑)



長寿大国にふさわしい長生きっぷりです


私などは、孫みたいなものですね晴れ


日々孫の成長を温かく厳しくご指導ご鞭撻賜りながら

さらには音楽家並びに技術者のハイスペック人種差別を

自発的に行いながら、お見守り頂いております


(見守っているのか微妙との説も)



メンテナンスをキチッと行って、管理をしていられれば

150年位は、割と弾けるコンディションに保てる観測のもと

お付き合いしていこうと思います



いや、お付き合い頂いております・・・



とにかく楽器人生の時間のなかで

出来るだけ「生きた」状態でいられるように

したいと思いますが



オーナー側は、天国からのお迎えが来ても

楽器はまた新しいオーナーのもとで生きて行くのですから

不思議なものです



今、二人目の人生です



ベーゼン5.jpg




楽器には、その人生の軌跡のなかで

「念」がこもるのだろうと思います




新しい楽器は、あまりオカルトな事はしませんが

人生長くなってくると?

色々な特殊事項を発揮するようになったり



どこかで誰かに、ものすごく大事にされないと

あちらも生き残っていけない訳です




阪神淡路のお話で、どなただったかお名前を忘れてしまいましたが


楽器を何台も置いてあるビルが倒壊してしまって

落ち着いた段階で、ピアノ達を救出に行ったら


古いSTEINWAY達などが、どれもうまく瓦礫の隙間にはまって

みんな無事で、ひたすら必死に出したそうで

新しいのはとことんダメだったみたいです


「楽器の持っている運の強さって、あるんじゃないかな」

とお話していました




あとは、楽器ではありませんが

北千住にある上質なバーの「ドランブイ」で

オーナー・バーテンダーの梅本さんも


震災の時に、ご自宅の新しいバカラのグラスが

軒並み被害を受けて

真っ青になって、急いでお店に駆けつけたら


お店で普段から扱っていらっしゃる、オールドの高いバカラのグラスは

無事だったみたいで「奇跡だ」と仰っていました

(ほとんど、美術館状態です)



きっとそれも

20年近くかけて集めて、とにかく宝物として

徹底して大事にされていますから


(そのグラスをお客様にお使い頂くのですから

あるところで、凄いなと思いますが)


守られていたのだと思います




うちの子も、ほかの同世代の楽器達と同じように

戦争をこえて今があるのは


祖父母の話を聞けば、それこそ悲惨かつ苦難の連続で

着物を売っても、食べるものさえ無いような厳しい時期を



誰かが、守ってくれて

無傷で今を迎えています



いつの時期も、誰かが最善を尽くしてくれて

長生きできる楽器達


ものすごく大事にされているエネルギーが

蓄積していくのかもしれませんね

Satomi
タグ:Bösendorfer
posted by satomi at 14:30| Comment(0) | Concert Salon

2015年06月10日

甘口カレー風


誰がリーダーに就くかで

どこでも空気感は大きく変わりますね



人選は、そこの場所では私がする訳ではなく

ご依頼の側で、好きな人をピックアップしていくようですが


もう一人のリーダー的ポジションのTちゃんも

おっとりした人なので

メンバーがしきりに「良かったー」と言っています晴れ



どこに行っても

感情的でとんがった人は居ますね


たとえその人に、色々な背景や理由があっても


まとめてしまえば


ほとんど全ての、まともな皆さんは

キツい人のこと苦手なんだと思います


遠まわしに

「実は、あの人・・・キライ」の意味を

どこかで困りながらも表現しています



どちらかと言うと

好かれた方が、人生は上手くいきますね



仕事だって、プライベートだって

幸せは、誰かとの温かいやり取りの中で生まれます




どこかの社長さんが

「自分の機嫌もとれないような奴が

人の機嫌をとれるはずがない」

と仰っていて


いつも感情を上向きにコントロールして

良いコンディションで仕事に臨む人が

良い仕事できるんだよ


という意味でお話していました



自分のご機嫌取りって、難しい時もありますからね




パンケーキ.jpg




そして

「さとみさんは、まろやかだからね」

と話していて



“まろやか?

まるでカレーみたいな表現だね(笑)”

と言うと


甘口カレーだそうです

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 02:01| Comment(0) | 活動報告

2015年06月08日

リラックスして頑張らない


同じ型の楽器が入っていても

その空間の音響の加減など、他の条件で

音の鳴り方が変わります耳



季節によっては、冬場などお客様のお召し物で音が吸われて

より響かなくなる時期もあれば


当日のご来場の人数によっても吸音率が変わります



また、演奏するソリストさんの力量によっても

それに合わせて、音量調整はします

(朗々と歌う方もいれば、演奏キャリア的な面で鳴らせない場合もあります)



ご指定のプログラミングだと

楽器の特性から

歌い手さんに、音がおっきいと言われていた会場で


微妙な音量調整をしながら


リハで2段階下げて、それでも大きい気がしたので

本番はさらに一段階下げて、音色の調整などもしたところ


様子はどう?と聞いてみたら、歌いやすかったみたいで

聴いてくれていた方も、泣いていたりしていて


方向性としては、上手くまとまったのかなと思います




無理させると、声が硬質になります


「もっと出さなきゃ!」という気持ちから

力で鳴らす方向にポイントが入ってしまう為



アンサンブルが、攻撃的な感じになります



もちろん、そう言う演出で

スリリングな攻撃性を楽しんでもらうような

格闘技みたいな場合もありますけどね





Rose ローズマリー.jpg




自分の環境が大きく変わって

無理しないで、より大きな効果をあげる方向にシフトしまして


(おうちの楽器と音響のお陰なんですけど)


過去の「力技」だと、ある一定の段階で

消耗しすぎてしまうというか



演奏の「寿命」を、自分もソリストも縮めてしまうなと思いました


格闘家の人間の寿命って、短いじゃないですか


同じように、無理を重ねてパフォーマンスするスタイルだと

50歳位で、潰れてしまったりするんですが

もったいないなと思います




高度な技術は駆使していても、リラックスしていて心地よく響くと

自分も、聴いている方も

気持ち良いのではないかなと思います



一流の方は、ものすごく余裕があって演奏していますからね(笑)


力んだりしていないですから

心地よく安心して、音楽にゆだねられる感じです



やるべきことは、念入りにやるけれど

リラックスして取り組めるようにしたいなと思います


では、良い一日になりますように手(パー)

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 10:52| Comment(0) | 活動報告