*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年06月20日

お写真をお送り頂きました


先日のお写真を、お送り頂きました


当然、自分で写真撮影のケアまでしておりませんで

お客様任せでございます(笑)




Opening concert 2015 kobayasi.png



いつのタイミングなのかは不明ですが

何か弾いている時だと思います



小林さんは

真剣に楽器と向き合って


新たな刺激と発見の多いコンサートだったようです晴れ






Opening concert 2015 Kengo.png




こちら、バリトン歌手の堀江見悟さんです


この日は、マチネでミュージカルの初演の舞台があって

歌ってきた後の、ソワレ公演でしたので


一日に、本番が二本



3階席のお客様まで、しっかりお届けできる位の

圧巻な歌唱を披露して下さいましたグッド(上向き矢印)



(ちなみにうちはサロンなので、3階席はありません

3列目まで、あります黒ハート



のちに、お客様から

「また聴きたい!」

「夜は、良く眠れました」


「こんなに凄い演奏を聴けて、元気が出ました」

「一時も目が離せませんでした」


など、コメントを頂戴いたしました




お疲れのところ、パワフルに歌ってくださり

大感謝ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 19:05| Comment(0) | Concert Salon

2015年06月19日

先生から褒められたら


先日、ヴァイオリンを弾いてくれた

アコースティックの小林さん


終演後に皆さんと話している時にも


「普段あまり、他の人から褒めて頂く事がないので・・・


初めて、この曲が合うとか、ここが良いところだと

プロの方から(私から)言ってもらえて、新鮮でした」


と言う感じの事を仰っていました




プログラミングの時に

Beethovenは、最初からそれが弾きたいと仰っていた作品なので

決まっていましたが


それだけ突然だと重たすぎるので


軽めの短い曲も、少し入れてバランスを取りたいなと思い

ヴァイオリンの曲集をお持ち頂いて

色々と弾いてもらって選曲しました




その時に、小林さんのキャラクターは

内面に向かって、集中していく性格の演奏なので


ハデハデな技巧の披露とか、ロマンチックに濃厚に歌う

という路線の曲よりも



もっと、精神的な、哲学的な表現が向いているなと思い

古典寄りの曲に絞って選びました



それは、聴いて下さったお客様からも

「涙が出そうになりました」と言って頂けて


小林さんのキャラクターに、一番合っていたのだろうと思います




普段は、日フィルのコンサートマスターを長年なさっていらした

ヴァイオリニストの石井啓一郎さんに師事していて

毎月、必ずレッスンして頂くそうですが



「先生には、いつもご注意頂いて・・・

けなされることは日常なんですが


褒められたことなど、一度もないので」




そりゃー、先生は



「君のヴァイオリンは、素晴しい!!

何て素晴しいんだ!!」


なんてなった日には


「来週からもう、うちにレッスン来なくていいから」



ってなるじゃない(笑)



・・・ゆるやかな破門ですよ(笑)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 21:01| Comment(0) | 活動報告

2015年06月18日

オープニング・コンサート


昨日、自宅コンサート・サロンの

こけら落とし演奏会を致しましたるんるん


サロンの小さいキャパの為

瞬殺で満席になってしまうのが課題で

どうにも、お声掛けの難しさがありましたが


座れないお客様には、もれなく座布団でお掛け頂き

(寄席??笑)


ゲスト・アーティストとして

バリトン歌手の堀江見悟さんと


アコースティック・デザインシステムの社員さんでもあり

ヴァイオリンをお弾きになる小林清隆さんの


お二方の演奏もお楽しみ頂きました



Studio 2015.6.17.jpg


(素敵なお花や、ワインや、お菓子や、ゼリー詰め合わせや

その他色々・・・頂きまして、有難うございました)




小林さんは「Beethovenが弾きたい」と仰いまして

その夢実現に向けてのご出演となりました


いつも20:00頃まで残業して

その後に、役得から自社防音スタジオの素敵な音響のお部屋で

個人練を積む日々



この日の演奏では、特にBachの「G線上のアリア」が素晴しく

細く長い線が、どこまでも繋がっていくかのような

小林さんの、集中力のあるキャラクターが生かされる曲目でした



普段、なかなか聴いて下さった方からのコメントを

伺えないとのことでしたので


私の方から「強制的に」お聞き致しまして(笑)

今まで出来なかった体験を、して頂けたのではと思います




見悟さんは、イタリアものが特に評判が良く

オー・ソレ・ミーオや、フニクリ・フニクラなど


明るく開放的で、力強く肉厚な響きを生かした曲目が

お楽しみ頂けたようです(お客様談)


日頃から、本番をご一緒する機会は度々ありますので

見悟さんなら、本番にお強いですし


トークもできるし、一日に本番が複数入っても

大丈夫でしょう!(笑)


と、お受け頂きましたが


見悟さん、鳴らせるからとピアノのフタ全開で弾いていたので

「だから苦しかったのか!(苦笑)」



ええ、練習のとき、閉めてましたからね・・・



「あんな凄いの聴いたら、これから俺カラオケで歌えないなー」

と、お客様は仰ってましたよ


オホホ



施工して下さった、音響業者のアコースティックさんの

社員さん方、そして実際に現場で作業をなさる監督さん・大工さん


また、三井ホームの設計を担当して下さった

設計士さんや営業さんなどにも、お越し頂きました



お家を造る過程で、携わって下さる皆様は


当然ながら、完成したあとは納品ですから

自分の手掛けた「作品」が気になっても

見ることも、遊びに行くこともできません



大工さんに至っては

朝早くに来て、夕方の時間まで

ひたすら孤独に作業を続けて


それが何ヶ月も続くと、また次の現場に行きます



今の場所がどうなるのか

何に使われるのかも、知らないまま


猛暑や極寒の中、黙々と作業される姿を

建築中に行って垣間見て、お話したりして




携わってくれた人達が

そこで、自分の「仕事」の成果を再確認する

そんな機会が作れないかなと思いました




「あなたが手掛けた空間が

こんな風に、新しい物語を奏でていますよ」


と言う場を提供できないかと





建築中は、激務で上棟式やら感謝関係のイベントも出来ませんでしたから

それも含めて、お近くの方々にも任意でお越し頂きました



長年、ハウスメーカーのお仕事をしている設計士さんも

「こうして、お客様のお家に呼んで頂ける機会は一度もないので

初めての体験で、嬉しいです」


と仰っていました



こういったイベントが

また次のお仕事へ向かう、前向きなモチベーションになってくれれば

嬉しく思います

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 16:17| Comment(0) | Concert Salon