*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年04月13日

買い物客の入りやすさ


最近は、お買い物に慎重になりました


以前のように、とりあえず何でもいいや・・・

が出来なくなりましたあせあせ(飛び散る汗)(笑)



三井Homeさんの考え抜かれたデザインのお陰で

(デザイナーさんが実質2人付いていらしたようなもので)


過去のように「お安いから適当に」買ってしまうと

あまりにも致命的にインテリアに合わない、という

この上ない残念な結果を生むことになりますバッド(下向き矢印)



品物もお金も無駄に、そして買い直しする費用も余分にという

何だかトリプル・スパイラル?

を生んでしまわない為の、防衛策です



そう言えば、大正生まれの祖母が

「安物買いの銭失い」って昔よく言ってました



適当にしていたら

本当に、そういうことですね〜


今頃になって、身にしみて学習させて頂いてます




Tableware 2014 オリーブ.jpg




業務用の品物が、コストを抑えて手に入るので

つくばに演奏にいった帰りに、浅草までTX一本で出て

合羽橋に行ってきました手(パー)





食品サンプル屋さんには、外国人が

「ワオ!!ケン、ちょっとこれ見てー!!」(英語)

とハイテンションで群がっておりました



反対側の通りから見たら、おっきなカブトムシが

(3mとかあるんじゃないでしょうか?)

ビルにどかんと貼り付いていて、半ばシュールなもようでしたダッシュ(走り出すさま)



私には、あの物件は住めません・・・


巨大なトロとかサーモンのお寿司を

「どうだー!」って、付けるんじゃダメだったんでしょうか?(笑)



店舗前に巨大なエビは転がってましたけど





お目当てのお店が、お休みだったのもあり

さほどお買い物をしませんでしたが



同じように業務用のお店が並んでいても

お客さんの入り具合は、決まった店舗に集中しますね



基本的に、卸のお店ですから

商売のお相手は、それぞれの業者さんになると思いますし


一般的な接客とは違う感じかもしれません



接客の雰囲気としては、どこもかなり愛想が無いので

売る気があるのかどうか、さっぱりご不明なんですけど


ツンデレを越えて、ツンだけで構成されてました(笑)



あるいは、外国の観光客も多いので

「(日本人も含め)早く帰ってくれ」的なオーラが出ていて

お疲れなのかなー?とも思いました




あまり見たことのない、まさに業務用の商品がわんさかしていて

一般人にとっては新鮮ですね


5000円で市場に出ているお品が、1000円程度だったりして

全般的に、お値段はローコストです



そして賑わっているお店は、商品の管理が

ある程度は、普通の商店のようにキチンとしてますね



せっかく、素敵な品物が山のように置いてあっても

ずいぶん埃をかぶって乱雑で汚れて、やたら詰め込まれて

品物として全く大事にされてない感が満ちていると


人が寄り付かないというか

居辛くて入れない空気が漂います


そんな冷めて寂れた空気感を、どこの人種であっても

日本人でも、なんとなく感じるのかもしれません


(掘り出す事に闘志をもやす方なら、感動があるかもしれませんけど)




そんな訳で、一軒だけお買い物をして

自宅で大事に手入れして、使おうと思いますいす


良く使って、良く手入れして、褒めてやると

物も生き生きしてきますわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 14:10| Comment(0) | 日記