*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2015年04月13日

買い物客の入りやすさ


最近は、お買い物に慎重になりました


以前のように、とりあえず何でもいいや・・・

が出来なくなりましたあせあせ(飛び散る汗)(笑)



三井Homeさんの考え抜かれたデザインのお陰で

(デザイナーさんが実質2人付いていらしたようなもので)


過去のように「お安いから適当に」買ってしまうと

あまりにも致命的にインテリアに合わない、という

この上ない残念な結果を生むことになりますバッド(下向き矢印)



品物もお金も無駄に、そして買い直しする費用も余分にという

何だかトリプル・スパイラル?

を生んでしまわない為の、防衛策です



そう言えば、大正生まれの祖母が

「安物買いの銭失い」って昔よく言ってました



適当にしていたら

本当に、そういうことですね〜


今頃になって、身にしみて学習させて頂いてます




Tableware 2014 オリーブ.jpg




業務用の品物が、コストを抑えて手に入るので

つくばに演奏にいった帰りに、浅草までTX一本で出て

合羽橋に行ってきました手(パー)





食品サンプル屋さんには、外国人が

「ワオ!!ケン、ちょっとこれ見てー!!」(英語)

とハイテンションで群がっておりました



反対側の通りから見たら、おっきなカブトムシが

(3mとかあるんじゃないでしょうか?)

ビルにどかんと貼り付いていて、半ばシュールなもようでしたダッシュ(走り出すさま)



私には、あの物件は住めません・・・


巨大なトロとかサーモンのお寿司を

「どうだー!」って、付けるんじゃダメだったんでしょうか?(笑)



店舗前に巨大なエビは転がってましたけど





お目当てのお店が、お休みだったのもあり

さほどお買い物をしませんでしたが



同じように業務用のお店が並んでいても

お客さんの入り具合は、決まった店舗に集中しますね



基本的に、卸のお店ですから

商売のお相手は、それぞれの業者さんになると思いますし


一般的な接客とは違う感じかもしれません



接客の雰囲気としては、どこもかなり愛想が無いので

売る気があるのかどうか、さっぱりご不明なんですけど


ツンデレを越えて、ツンだけで構成されてました(笑)



あるいは、外国の観光客も多いので

「(日本人も含め)早く帰ってくれ」的なオーラが出ていて

お疲れなのかなー?とも思いました




あまり見たことのない、まさに業務用の商品がわんさかしていて

一般人にとっては新鮮ですね


5000円で市場に出ているお品が、1000円程度だったりして

全般的に、お値段はローコストです



そして賑わっているお店は、商品の管理が

ある程度は、普通の商店のようにキチンとしてますね



せっかく、素敵な品物が山のように置いてあっても

ずいぶん埃をかぶって乱雑で汚れて、やたら詰め込まれて

品物として全く大事にされてない感が満ちていると


人が寄り付かないというか

居辛くて入れない空気が漂います


そんな冷めて寂れた空気感を、どこの人種であっても

日本人でも、なんとなく感じるのかもしれません


(掘り出す事に闘志をもやす方なら、感動があるかもしれませんけど)




そんな訳で、一軒だけお買い物をして

自宅で大事に手入れして、使おうと思いますいす


良く使って、良く手入れして、褒めてやると

物も生き生きしてきますわーい(嬉しい顔)

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 14:10| Comment(0) | 日記

2015年04月11日

靴下で思い出した


靴下で思い出した、子供の頃のエピソードがありました


私は兄達が居て、特に長男の兄は年が少し離れていたのもあり

良く面倒を見てくれていましたが


いたずらも大好きで、マッドサイエンティストな所もあり

お家でも学校でも、割と迷惑な実験をする子供でした



で、兄達が揃うと

いたずらにも拍車がかかるので


母は毎日、ヒステリーを起して、怒鳴りっぱなしでしたあせあせ(飛び散る汗)




“話せば(説明すれば)理解できる事なのに

何でお母さんは、いつも怒鳴るんだろう?”


当時の私には、理解できない接し方でしたが(笑)

大人になれば、「余裕が無くて常にブチ切れ状態」だったのが分かりますね




そして、洗濯物をかごに入れろと言っても

お布団やら居間に散乱して


靴下の相方を探すのさえ、一苦労な生活だったので


ブチ切れ母は、大きな張り紙をしました


赤い字で・・・(笑)


「くつしたぬいだら、すぐカゴへ!!!!」





すると、兄達のいたずらが始まり

脱いだ靴下を、ゴミ箱に投げて遊んでいます




母が、怒鳴り始めると


「書いてある通りにしたじゃないかー!」

と弁明しているのですが



件の張り紙は、一部書き変えてありました



「くつしたぬいだら、くずかごへ!!!」




・・・偽造だ

Satomi
タグ:kids
posted by satomi at 22:52| Comment(0) | 日記

2015年04月10日

お部屋を綺麗にする効果


建物のガーデンで、清々しく小鳥がさえずっているのを聞きながらの演奏


ちょっと寒くて、温めるものを持ってきていなかったので

手がかじかんで指が鈍かったですけどあせあせ(飛び散る汗)


細かいところは、色々と対策をしないといけないですね




漆喰 こども図書館.jpg



綺麗な建物は、大好きですぴかぴか(新しい)


天井が高いのも、解放感があって気持ち良いです

これは、先日お伺いした図書館の写真ですが


漆喰の造作が見事で

惚れぼれと見入ってしまいました



職人が技と手間暇かけて作り上げたものは

素晴しいですねー!




お家が変わって、確かにそうだなと思うようになりましたが

空間が「感情」を左右する側面ってありますね



気持ち良くいられると

穏やかに対応できる心のゆとりができるので


順調に物事が進むのかもしれません



忙しくても、毎日少しずつお掃除をして

できるだけ汚さないように気を付けて

帰って来た時に綺麗だと、あまり疲れないです



むしろ、綺麗なお家は疲れを優しく癒してくれるので

緩やかに回復していくのが分かりますね



たぶん、忙しい時の方がストレスを減らす為にも

より環境を整えた方が良いのかもしれませんね






それこそ、ずっと前は

汚部屋をこよなく愛する家族が居たりなんかすると

(好きな性分は、しょうがないんですけどあせあせ(飛び散る汗)苦笑)


私一人が頑張って掃除したところで、焼け石に水な訳です



毎日、嫌だな〜嫌だな〜と常時思いながら

暮らさなければならず



例えば、疲れきって深夜に帰って来た時に

さあ、食事を作ろうと思ってキッチンに向かえば


ぐっちゃぐちゃで汚れまくって

食べた食器やら調理器具やらゴミで

山のようになっています



ハリケーンでも通ったんでしょうね〜



とか言っている場合でもなく

ただでさえ、2時間しか睡眠時間が取れないようなスケジュールで

すぐに温かい食事を取ってバタッと倒れこみたいのに


まず、膨大な清掃作業からしなければいけない

もーこの苦痛と負担と言ったらバッド(下向き矢印)


家がきたなくてだらしないと

男性が愛人とか作って帰らなくなっちゃうのが

分かる気がしてくる次第でした(笑)



その時は、お仕事終わりには外で何か軽く頂いて

リラックスして休んでから、帰るペースになってました


出来る限り家に帰りたくない症候群(笑)




あと、汚くしているとあらゆるトラブルの宝庫になりますね

こちらも巻き込まれて困るし、本当に良いことないです



せっかく素敵な面があっても

運が悪くなって、性格も歪んでくると

ご本人様の人生だって台無しになります




もちろん、今は何もトラブルなんて発生しませんし


むしろ引っ越ししてから、ラッキーな事が続いて

毎月8万近く、コンスタントに神様から仕送りを頂いているような具合です


来月もあるので、5ヶ月で40万近くになります

ローンも家計も助かります


何やら今まで体験した事のない凄い事態ですけど

きっとこれは、お家とお掃除のお陰です



環境が生み出す幸運の差、みたいな物なんでしょうね



褒めちぎっていると、お家も恩返ししてくれるんですね〜


他の事は変えていませんので

お寺とかに厄払いに行くよりも

実質的なご利益?に恵まれていますexclamation&question



今も、贈り物が届きました

なんか凄いです



ちなみに、私の接点のある方で


社会的にも金銭的にも、人格的にも

さらに結婚生活としても大きく成功されている方々のお家は

大きな共通点があります



どなた様も、驚くほどご自宅が綺麗です

綺麗さの桁が違う感じです



完璧、モデルハウス!!ですぴかぴか(新しい)


まちがっても、靴下をその辺に脱いで落としてあったりしません(笑)

Satomi
タグ:house
posted by satomi at 22:13| Comment(0) | Messenger