*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年12月31日

荷物移動と体力勝負


ハウスメーカーさんと提携している、銀座の引っ越し業者さんに

荷物の移動をお願いしました


当日の朝に、予定より4時間弱ほど早くお電話頂いて

「今からお伺いできますので、すぐ到着致します手(パー)


“えっ・・・、すみません、まだほとんど梱包できていませんが!?”



「え・・・!?」


しばし、二人で無言の時間が流れ


それは永久に続く、絵画におさめられた遠き故郷への

道のりのような景色のようでした



・・・とか言ってる場合じゃなくて!どんっ(衝撃)



オンタイムを想定して作業しているので

むしろ遅いお時間でないと、間に合いませんと


営業さんには事前にお伝えしてありましたが




どう考えても、絶対的に難しいので

予定通りの午後のお時間に、お車を出して頂けるようにお願いして


そこから、かつてないほど急ピッチでの

梱包作業が始まりましたダッシュ(走り出すさま)



やはり、仕事をしながら深夜に梱包は

なかなか体力的にも限りがあって

全体の20%位しか終わっていませんでしたのでたらーっ(汗)




ダンボールの枚数と、一つにかかる時間を換算して

締め切りまでのタイムスケジュールをざっくり決めて


まるで開演間際の、アッセンブリ作業みたいだと思いながら


(リサイタルの直前に、チラシやプレゼントを

プログラムに挟み込みしたり袋に入れたりする作業などですね)



最後はもはや整理して入れるどころではなく


「つかんで、入れる!」みたいな(笑)


ほぼ盗賊が金品を袋に詰め込んで、ずらかるぜ!

クラスの気分を味わえるほどになりました



最初は重さが均等になるように

詰め込む物を上手に考えて配分して

運び入れるエリアも綺麗に分かれるように計算してやっていたのですが



終盤、そんなんですからね〜ふくろ



お引越し業者さんは、文句も言わずに?

激重の楽譜や書類の箱を

汗水たらしながら運んで下さいましたー



しかも、日頃から慣れていらっしゃるせいか

2箱ずつ重ねて運んでいて

(40キロとかすると思いますが)


人間も、猫みたいにひょいとつかんで運べるんじゃないかと?猫



私はその日のうちに筋肉痛になりましたが




最後にお聞きすると

お客様によっては、やはり間に合わないケースが時々あるそうで


後日に変更する場合がでるらしく


「辛うじて時間内に出来たので

まだマシです」



と、褒められているような全くそうでないコメントを頂き


荷物量にしても

多い方だと半端ないらしいので



全然、マシな方です


と、二つのマシな称号を頂いて

無事に終わりました家



断捨離できている方だと

3時間で簡単に終わっちゃうんですから

こういう時に差がでるんですよねペン



と言う訳で、マシな人間からのアップでした

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 14:30| Comment(0) | 日記

2014年12月29日

ダンボールとお友達


お帰りなさいませ家


年の瀬が近付いてきましたね晴れ




こちらは、たっぷりダンボールに囲まれて


お仕事をしつつ、お片付けしつつ、業者さんの運び入れと

うちクレーン何回来るんだろう・・・と言う状態に対応しつつ(笑)



通りの他のお車などの通行シェアをして

それぞれ業者さんや配送の担当者さんと、連絡やチェックをして



お掃除をして、取りこぼしたお荷物の確認と移動

あちこち御礼やら挨拶やら


通常のお仕事のスケジュール調整や打ち合わせもして

時間が過ぎていきます




冷蔵庫なし、洗濯機なし、レンジなし、炊飯ジャーもポットもなしの

レトロ生活が待っていました

(順次、仕事の合間に購入して配送予定ですが

クレーンの下見が入るので、時間がかかります)



その都度、作って何とかするか手洗いしていて

(不便ですがけっこう何とかなる)


高性能なはずの建物のハイテク設備も、分からなくて使えていない為

その都度、説明書を探して調べて動かしていますが



やっぱり不明な点も多く

なぜか昭和初期な生活スタイルに落ち着いています家



まるで、ガレージに高級車があるのに

運転できなくて、徒歩でお出かけしているような気分です





そして、気になっていた楽譜達は結局
 
重たいので一番小さいサイズのダンボールにして

15箱ほどになりましたたらーっ(汗)


全てのお荷物の30パーセントが楽譜?



ですかね・・・




人によって量が全然違いますから

どの位が平均かは分かりませんが


お一人暮らしで、数にして80箱という話を

伺ったことがあります



同世代の方とお仕事帰りに、そんな話題になったら


彼女は6歳になるお子さん一人と旦那様との

3人の生活ですが


マンションからお引越しされた時の事を回想していらして


「うちの引っ越し、もう大変だったのよー

子供のおもちゃも半端なくて


(みんなから愛されて可愛がられて

買ってもらう量も多いそうです)


ダンボールを積み上げたら、8畳の部屋が天井まで埋まって

仕方なく6畳の部屋にも置き始めたら

そこも天井まで埋まって・・・」



そんなに!?


いったい何箱あったのか聞くと

数えている余裕もなかったから、分からないそうですが(笑)



お引越しの費用がべらぼうに高かったのは

記憶に残ったそうですね・・・




ミニカーが4000台もあったそうで

それって、どこの業者です?(笑)


車の販売が出来そうですよ





お引っ越しは

全体の荷物の総量を減らすチャンスとして考えれば

時々、強制的にあった方が、実は良いのかもしれませんねいす




並びに、みなさんから頂くコメントは

「ダンボール、全部開けたほうがいいよ」です(笑)



永遠に鎮座する“開かずのダンボール”を作らないようにねグッド(上向き矢印)

という有益アドバイスですね〜



下手すると、次の引っ越しまで5年間一度も開けなかったとか?

ご年配の方だと、20年もあけてないとか


色々とお聞きしますけれど


それって最初から、要らなかったかも?

と言う事実に、ふと思い当たる瞬間ですね



業者さんからも、数年開けないようなら潔く捨てましょう

とキッパリ言われました



高いお金を払って、荷物置き場の為に暮らすような事は

してはいけないですよ、というアドバイスです




使おうと思ったものが、どこの箱に入っているのか

ざっくりしたエリアでしか判別できないので


箱を開けては捜索する段階がまだ続いているにも関わらず


明日は、自宅でのお打合せもあるのであせあせ(飛び散る汗)



最後の手段は・・・


使わないお部屋に、ダンボールごと移住作戦!


やりたくないですけど(笑)

(よくある、一見片付いたように見せかける技ですね)



「お忙しいのに、もう片付け終わられたんですね」

“はい? えぇ・・・まぁ”←偽証罪(笑)

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 15:44| Comment(0) | 日記

2014年12月24日

クリスマスのGood


演奏がすごく良かったーと言ってもらえて

ホッとします


上手い方の演奏は

一緒に弾いていても、気持ちのよい響きがするので


音を鳴らしながら、聴こえてくるたびに

いいよね〜と思いますわーい(嬉しい顔)



ローズ・マカロンと栗.jpg



毎年が新しい時間です


クリスマスも、重ねるごとに

変化や成果を感じながら


積み上がっていく感じですが




お話の中で、記憶にとどまったのは


「パーフェクトでなかったとしても

Goodととらえてみよう」


というお話でした



一生懸命にやってみた

でも、思うような結果にならなかった


そんな時に、Goodと言ってみること




色々な案件を、完全になんとかしたくて


いつも、目標地点までいかなかったり

急なトラブルで大変だったりして


それでも、Good



・・・って事なんですね



そんなクリスマスに

高校時代の友人から素敵なプレゼントが届いて


ブルーバードとタイトルのついた

アールグレイの香りのよい紅茶


癒されます〜!


何て優しいのでしょう




励ましてくれる友人が居て

応援してくれる人がいて


良い演奏で元気付けてくれる存在があって



あ、幸せなんだろうな



だから、Good(笑)



素敵なクリスマスをお過ごし下さいねぴかぴか(新しい)

(しばらくアップが出来そうにないですが

良い年末になりますように)

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 04:26| Comment(0) | 活動報告