*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年11月28日

お金を頂くこと


お帰りなさいませ家

日が暮れるのが、早くなりましたね



期日の迫る色々な事が立て込んで

休みたくても、ひたすら膨大な案件を進める日々です



控室に戻ると、着信や留守電が6件ほど


折り返しお電話して、確認やら打ち合わせで

気が付くと、すぐ1時間たってしまいます



手続きの方も沢山あって

確認を取ったり、調べなければ分からない事もあるので

やっぱり、膨大ふらふら



オフィシャルな対応だと

皆さん真剣ですから、気をいれていないといけません




助かるのは

大元がキチンとしたところだと、関係した他のセクションも

対応などが紳士的で丁寧なので、安心できます



もし、そうでないケースに当たってしまっても

大元から担当者にご意見を上げてくれて

やり直し?(笑)がかかるので、有難いです



信用を失ってしまいますからね晴れ



Xmas 銀座.jpg





自分がユーザーの立場で、ご意見を入れる案件がちょっとあって

怒っても仕方がないけれど、それはやってはダメです


やっぱり、怒ります!


ゴゴゴゴゴ・・・!

(いま背景で炎が燃えています)



なる出来事に、また週明けも対応かぁ

あらら、な日々でもありますが



誰かが声を上げないと

人間、簡単に低い方に落ちて

質の悪い習慣がスタンダードになってしまいます



それで高いお金取っていいの?

ぼったくりでしょ?



・・・って言う係です(笑)


図書係とか、飼育係とかでいうと


たぶん説教係?



高額取引不信任指摘係るんるん(笑)



そんなの、あったかしら?(笑)

新しい組織編成ですいす




もちろん私では、ありませんが

(そんなことはしませんよ)

演奏に行ったことのある、とある所で


小耳にはさんだ情報だと、他の演奏者さんが

どうも悲惨な演奏をしたそうですたらーっ(汗)



練習不足と実力不足のダブル・パンチだと思いますが

お客様が大激怒!


「これだけ料金払ってるのに、どうしてくれるんだ!!」



・・・ごもっともですあせあせ(飛び散る汗)

ごもっともすぎて、何も言えません




直接のご指名なら一番安全ですが

そうでないと、事前に確認できないですからね



とは言え、30分、1時間の演奏の裏では

数百万単位のお金がいつも動くものですから


そう言った責任の上でパフォーマンスしている事を

演奏者の方もキチンと理解していないと


最終的な謝罪とか、払い戻しとかで

数泊万、吹っ飛ぶことがあるのも頷けます


その後は、存じ上げませんが・・・





どんなジャンルでも

お金を頂くことに、良くない意味で慣れてしまうと

「仕事をなめた」姿勢に落ちてしまいますね



「どうせ、こんなもんだろ」と




人間の性なのかもしれません



結婚する時には愛を誓って

4年経ったら惰性で不誠実の塊黒ハート

みたいな事でしょうか?(笑)



(微々たる、上手く行っている方達はそんな事にはなりませんけれど


本当〜にご努力されていますし

そうして初めて、高い信頼と愛情の関係が保っていられるんですね)



自分でも、日々のお仕事先で

大小のトラブルが起こったり

間に立ったり対処する度に、気を引き締める繰り返しなのですが


明日の我が身と思わないと、自分が同じようにやってしまう可能性も

無きにしも非ずです


他人事ではありません




たぶん、悪い慣れには

どこかで誰かが、どかーんと怒らないと

益々、どうでも良くなってしまうもの


アクションが発生するのは

改善の為に大事かと思います



舐めた態度で行う仕事に

素晴らしさは、何も出てきませんから



お金を頂く事に、誠意を持てるような姿勢を持ち続けるのは大事ですし

お支払い以上の内容、つまり感動レベルまでを提供できるのが

本物のプロなのかもしれません


(難しいんですけど、高い意識で働いている方達は

事実、しっかりやってらっしゃいます)


結局は、人間の質ってことなのかもしれませんね

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 22:54| Comment(0) | 活動報告