*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年11月18日

就職アドバイザー


どの分野でも、プロはいらっしゃいますが


就職活動で、クライアントさんの希望に合ったお仕事先を

上手に探して、お互いコーディネイトなさる

専門のお仕事の方がいらっしゃいます手(パー)



若くても、精神が大人ですね・・・(笑)



一日に、何人ご対応をされるかは分かりませんけれど


皆さんの年代は、それこそ新卒に近い方から熟年の方まで

就職先を探すのですから、きっと幅広い層になると思います



そして、人生の岐路に立つことでもあるのかなと感じます



5年後、10年後の未来を見据えて

収入の条件や、生活スタイル


どう生きていきたいかを問う場面でもあります



「お見合いみたいなものです」とは仰いますが


その後の人生が、どう変わっていくのか

大きな分かれ道に立つ瞬間でもあって


クライアントの皆さんも、必死です




どんな人柄で、何が得意で、どういった分野で、何をしたいのか


穏やかに、冷静に、細かくヒアリングして

それぞれの状況に合わせて、的確なアドバイスをしていきます



赤いバラとグラス.jpg




「今の会社に居ることが

僕にとっての最善ではない」からこそ


その場にクライアントさんがいらっしゃるので


具体的に「では、何があなたの最善なのか?」

を、問うことになっていきますよね



その方の、ネガティブな癖だったり

本心をえぐるかもしれません



でも、それを敬意をもって、丁寧に親切に

優しい態度でご提案するのです



あぁ、プロだなと感じます





答えが見つからなくて、クライアントさんが

悩んだり苦しんだりする場合もあるかと思います



そんな時のご相談も、熱心になさいます




どうしてそんなに、親切に寄り添えるのだろうかと

耳を傾けて、導いてあげられるのだろうかと





そんな人柄の優しさを表していたことの一つに


土日は当然、お仕事としてお休みなんですが


コーディネイト上、会社さんとの期日や

各社の兼ね合いがあったりしますので

悩める方にとっては、悶々とするでしょう



優しく仰るのだそうです



「もし、あなたが困ったりお悩みでしたら

土日でも、いつでもお電話下さい」




そんな優しいこと言ったら!


女子だったら惚れちゃうじゃないの!(笑)




幸い、男同士ですから、問題ないそうですけどねリボン

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 22:57| Comment(0) | 日記

ちんぷんかんぷん


小学校6年生位の女の子を連れた

見知らぬ中国人の女性が、声をかけてきました


中国語で(笑)



私、中国語わかりません



(ネットで分かる同姓同名の伊藤さとみさんには

中国語のパイオニアもいらっしゃるみたいですが


こちらの伊藤さとみさんは、別の伊藤さんですから

語学データの転送はできません本


辛うじて、「ありがとう」と「ごめんなさい」と「美味しい」だけ

知ってますけれど


そーんなお遊び程度の語学力で理解できるほど

易しい会話ではありませんで


中国語、ぶわーーーー!!

で話しかけられてました(笑)



広東語とか北京語とか

そんなのも分かんないからね!



どうやら、電話をかけたい相手がいて

公衆電話の使い方がさっぱり分からない様子でした




私が英語で会話しても、さっぱり通じなくて

残念ながら、日本語もさっぱり通じず・・・


中国語は、わたしが理解不能



・・・意思疎通できないじゃん(笑)




頼りはジャスチャー??


コインを入れて、かけたい相手の番号を押してあげて

これでオッケーだから!

もう話せるはずだよ



と離れると、すぐに追いかけて来て


「かかんないよ!!助けて!」的な感じです



代わりに、もう一度トライしたら

どうも、お相手がお電話を受けられない状況でした



しかも、もう一つ指定のお店の番号にもかけてみたら

「現在使われておりません」なアナウンスがかかり



何かこれって

もしかしたら、トンズラしちゃったのかもね・・・!?



さあ、それをどうやって伝える?



全く通じない言語で、全く通じないけど

たぶん、こんなことなんだろう?ぐらいには

最低限お伝えして



とりあえず、電話つながんないんだね

という所は理解してもらって



唯一、私の理解できる中国語の

「ありがとう!」を連発され、別れました



ちょっとしてから



あ、漢字で色々と書けば、もう少し分かりやすく理解できたのかも?

と気が付きました



ん〜、時すでに遅し時計

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 21:12| Comment(0) | 日記