*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年10月23日

良く見せようとしない事


ここ一番!の勝負の時というのは

どんな方でも、何かを獲得しようと進んでいる時など

きっとあると思います



お陰様で、キツい案件を沢山こなしていると

本番で緊張してブルブル、なんてことは

ほぼありません


ほとんど緊張はしないです

(とても集中はします)



思うようにいかない時は

自分の力不足です



つまり良いも悪いも、等身大です



それを良く分かっているので


実力以上に良く見せる必要など、元から無くて

地に足が付いた感じです





書斎1.jpg





パフォーマーから言わせると


年に一回程度の本番(ここ一番)で

最高の自分以上の自分を出そうだなんて

ありえないです(笑)



経験を踏みまくって、練習もしまくって

考えて研究しまくって、ジワジワと勝率が上がりますから



普段何もしていないのに

突然、最高の出来を期待するのは思い上がりです



ひとたび本番をなめてしまうと


どんなに昔、成績優秀者だろうが

素晴らしい学校を出ていようが、資格を持とうが

そんなのは紙の上でのこと


良い結果は出てきませんからね・・・



勝負の女神様は、正直なんです



そんな時、撃沈した方をただ優しく慰める役に

私は、きっとあんまり向かないようにも思います


全体の様子を確かめて、核心をつくコメントを言ってしまうので

ちっとも優しくない(笑)



ただ、ちゃんと気が付いていないと

無駄に同じ失敗を、何度も繰り返して出られないですから

先生厳しいんですかわいい



自分でもそうですけれど

徹底的に自分の無能を知らしめるような

そんな体験は、時には大切ではないかと思います



そういう事がないと

人間はどんどん思い上がって傲慢で

努力しなくなります



いっぱいラクして手を抜いて

都合の良いときだけ、良い思いしたい

カッコ良く見せたいと言う見栄からは早く卒業して



何を学んで、どんな練習計画を作って

いついつまでにどんな状態までブラッシュアップするか


次の手を練る、大事な機会を作るキッカケとして

素直に結果を受け止めると良いかもしれません




何度でも挑戦すればいいんです

本当に必要な事であれば、女神さまは見捨てませんから

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 23:59| Comment(0) | Messenger

2014年10月22日

麗しきカーテン


選んで頂いた輸入のカーテンが

私にはドレスに見える説(笑)




刺繍が入ったり、光沢のある布地に丁寧に柄が織り込まれていたり

見ているだけで嬉しくなってしまうような美しい布が

選びきれないほど、沢山ありましたぴかぴか(新しい)




やっぱり、普段のドレス選びと同じ

そして価格も、もはやドレスと同じレベル・・・あせあせ(飛び散る汗)

(一区分10万単位ですね)



それこそ何着もドレスを買うようなものではありますが


箱が決まっているので、そこに下手に安いものをあてると

あまりに浮いてしまって悲惨とのことなので(そこは納得)



20年以上、大事に使い続けるつもりで

綺麗なお品の方にしました





カーテン リガット .jpg




費用の事さえ考えなければ?


夢のある美しい布地をあれこれと合わせてみて

楽しい作業だと思いますねリボン




いつも目にして、手に触れて

「綺麗だね」「ありがとうね」と

うっとりしたり、感謝したりできるような


とびきり厳選した物に囲まれて、心豊かに過ごした方が



たとえ先行投資で、おおぅっと思っても(笑)


長い時間を過ごす空間なら、心の安らぎ優先で頑張ろうよ

という方針になりました



あとは日常生活の他で、節約します〜晴れ







振り返ってみて


大学を卒業してから、常に大きな課題を乗り越えなければならず

どこか我武者羅に走りつくしてきた所があります



お仕事はともかく、生活の在り方まではとても行き届かなくて

シンプルに言うとやや雑な所で

手を打てていない状況という反省点





自分の仕事のグレードが上がれば上がるほど


ご一緒する方の能力や素晴しい人柄も

普段自分がお伺いして、過ごす空間の美しさも

より洗練されて、お陰さまでより良くなってきました




良ければ良いほどに


穏やかで和やかな時間

高い効果がもたらされる結果と、充実感


心地よさ、喜びや感謝など・・・


それらが支配する、快適な状態にさせてもらえます




すると、生活の中での雑さとのギャップが大きくなってしまって

一度根本から見直ししたくなりました




今まで、目をつぶっていただけで


良く考えてみれば、嫌いなものや

嫌いな人に、義務感で接していたと思える部分が

ずいぶんありました



そこから来る、ストレスフルで質の悪い関係



汚したり壊した物の修理や対応

トラブル処理など時間に費やされてきた部分は


すべて捨てて、一制見直しすることにしました




在り方を、根本から変えて

より実りの多い方向に進めていきたいと思っています





そして、カーテンに戻りまして〜かわいい


みんな、品番ではなく「名前」がついているんですよね



時々、オペラに出てくる役柄のお名前だったり

それぞれの布のイメージに合わせたネーミングで



わざわざ命名するところも

ただの大量生産の商品ではなくて


もっと個性的で、大事に扱っているような感じがして

ちょっと和みました黒ハート



本当にこの布地で、ドレス作れますねー

Satomi
タグ:home
posted by satomi at 02:03| Comment(0) | 日記

バラは人であり


桑田さんの個展にお伺いしてきましたアート


お陰さまで何とかクローズの20分前に到着

と言うかギリギリなんですけどね(笑)



会場には、撤収お手伝いチームのGIRLSがいらして

楽しそうな笑い声が響いていましたわーい(嬉しい顔)


初対面の皆様でしたが、いつものように?

にぎやかにお喋りして、盛り上がってきました




入ってすぐの場所に展示してあったベリータルトの絵に

まずヒットしましたが


生クリームの感じとか

盛ってある各種ベリーに、真っ赤なソースが滴る風合いとか



お、美味しそう・・・!!



帰りにケーキ買いにいってしまいますわよ!



こんな素敵に美味しそうなジャンルの作品も描くのね、とお聞きしたら

桑田さんは「ケーキの断面とか、好きなんだよね」という話になりました



お家に飾ったら、毎日スイーツが欲しくなってしまいそうバースデー




そして、広島の反戦を描いた作品は

真っ白な鳩が一羽、こちらに向かって羽ばたいていて

原爆ドームは光に包まれている姿でした


重い感じではなく、光に包まれたイメージで

どこか神聖で浄化された風合いの作品でした




桑田さん個展2014.jpg



おなじみの桑田さんのお写真ですが

後ろに展示してある赤いバラは

今回の案内状のテーマ作品にもなっていました



実物の方が色合いも鮮やかでした



「描いているうちに、バラが人に見えてきた」

桑田さんは言います



二本のバラと、二人の人




お互いに美しく咲きつつ

支えあう関係


心から成功を願ってくれる人に出会い


アーティストを、見栄や欲やエゴの道具でなく

純粋に応援して、協力してくれる人に出会い


新しい作品作りに飛躍していけるよう

活動を支えてもらえるような


そんな人に恵まれるようにお祈りしていますぴかぴか(新しい)

Satomi
タグ:ART
posted by satomi at 00:06| Comment(0) | 活動報告