*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年09月23日

熱意の勝利


ランチで、数人の方達とお食事しながら

今年の夏に行った旅行先の話題になりましたかわいい



大学生は「グランドキャニオン行きました!」とか

壮大な感じの旅行の話をしてくれまして



その中で、唯一の男性メンバーだったTさんは


「毎年恒例の、友人のところに会いに行く旅行でした」と

話してくれました




その友人が、どうも腕利きの漫画家さんらしく



そこを突っ込んで聞いたところ

それはもう、有名な・・・


いや、おそらく少年サ○デーでトップクラスの

有名な漫画家さんな訳です



「えーーー!?」

“何でどうして、そんなお友達が!?

もしかして、前職でアシスタントさんとかしてたの?”



当然、みんなびっくりです




すると、爽やかにいきさつを教えてくれました




巻末に、読者の皆様宛で

「作者へのお手紙待ってます!」

というのがよくありますね



Tさんは、その漫画家さんの大ファンなので

連載の度に、お手紙を送ったそうです


毎週、欠かさず!

(そこが凄い)



そんな事をしばらく続けているうちに

読者と作者が会う機会があったそうで



初めてお会いした際も

「君だったのかー!いつもありがとうー!!」


と楽しく話が広がり

いつしか、遊びに行く仲になり



ほとんど「盆と正月に実家に帰る」並の

感じになったとか

(帰省ですね・・・笑)




読者は相当な人数がいますが

毎週、必ずお手紙を送ってくれた人は


日本全国で二人だそうです

(もう一人いらっしゃるんだ・・・笑)




実質、お休みなんて存在しないお仕事ですから

それはもう過酷極まる多忙さのようですが


毎週連載で、お話を生み出す方からしてみたら

忙しいだけでなく、孤独な戦いですよね



欠かさず送ってくれる応援や感想のお手紙は

嬉しいものだと思いますメール




Tさんの熱意が、大いなる友人を獲得したお話でした

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 23:42| Comment(0) | Messenger