*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年07月28日

僕のかわりに


体が若いと、病気の進行が早いのかもしれません



それまで普通に生活していらして、ある時

「何だか、今日ちょっと具合悪いみたいだ」

と、病院に行くともうすでに転移しているような状態で


即入院、数日〜数週間で亡くなるケースが

残念ながら身の回りで毎年、数名いらっしゃいます



そんな身で、ご家族に負担をかけないように

明るく振る舞ったり


周りの方々からのお見舞いを、自分の治療費に使わず

ご家族に残そうとしたり


いや、もっと我儘言っても良いんですよ・・・



末期なのですから

一番苦しくて辛いのは、ご本人様のはずなのに


あるところで、皆さん気丈であり

またあるところで

無理をしすぎてしまったのかなとも思います




ご夫婦は、どちらかが頑張りすぎても

甘えすぎても

いけないのかもしれません



ただ、自分が死んでしまっても

それでも尽くそうとしたり

かばおうとするのも


また、大きな愛情なのかもしれません




ハイビスカス.jpg



それは、親しいご友人にお願いしていたメッセージでした




『今日は、折り入ってお願いしたいことがあります


これから僕は、遠いところに行きます

もう、帰ることはないだろうと思います




伝えたい気持ちがあって


本当は、最後に妻を

力いっぱい強く抱きしめてやりたいと

思っているのだけど



もう、僕には

抱きしめてやることも出来ません





そこで、お願いがあります


僕の代わりに

妻の事を、強く抱きしめてあげてくれないだろうか?



いつも、へんてこなお願いばかりして申し訳ない

こんな僕に付き合ってくれて、本当にありがとう


感謝してます』



そういった感じの内容でしたが


色々な事が落ち着いてから


改めて、ご友人の方は

「僕の代わりの」メッセンジャーとして

機会を作ってくれたそうです



外は照り付ける日差しに、大きな向日葵の葉が揺れていました

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 04:29| Comment(0) | With Love