*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年07月05日

ダイヤモンド・ダスト


バリトンの菅井寛太さんと

少しだけ久しぶりにご一緒しまして


今日は、美しい歌声に癒されてきましたぴかぴか(新しい)



寛太さんの素敵なところは

品のある、艶やかな歌声




鳴らそうと思えば、大きな響きで鳴ってしまうのを

あえてコントロールして


整えられた意思のもと、歌うところに

品格が溢れているのかもしれません



響きに、キラキラと輝く結晶が散りばめられているようで


まるで寒い冬の季節に、明るい太陽の光が差して

一面に輝くダイヤモンド・ダストを、音にしたようです



やはり気持ちの良い演奏というのは

伴奏する方にとっても、心地よいもので


そのあともずっと

ふわっと良い香りを身にまとっているかのような

ほんのりとした幸福な気分が続きます




丁寧な訓練に裏打ちされた、美しい響きは

お客様だけでなく


こちらまで、幸せにしてくれますわーい(嬉しい顔)


お陰様で、心地よい一日になりました

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 22:58| Comment(0) | 活動報告

2014年07月03日

ふんわりと


とある音楽家さんの写真を見て

“これはきっと、恋人ではないかな?”

と思ったら


やっぱり当たりでしたリボン



何となく、雰囲気で


そういった穏やかに親密な空気感が

醸し出されている時には、分かりますねわーい(嬉しい顔)







貴婦人のウエディング・ドレス.jpg



おひとり様でも、もちろん生きていけますが


理解者とか、協力者がいてくれるのは

とても幸せです



愛情をもって、接してくれる人がいるのは

もっと幸せです



きっと支え合っているのだろうなと

そう思わせるような


ふんわりとしたお写真でした

satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 04:27| Comment(0) | 日記

2014年07月01日

年齢ではなく


ご結婚される年齢も

都市部では、大人になっていますから

30代の皆さんの結婚式は大変多いですねプレゼント



花嫁さんとしては、憧れのドレス




「こんな恰好で、痛い・・・」

と思われないかどうか、けっこう気にされたりします




リボンいっぱい!フリフリ!

(というかブリブリ?笑)な、お姫様ドレスだったら

やはり若い子が似合うかもしれませんが



同じベルラインでも、デザインや布の質感、色合いを工夫すると

品のある素敵なドレス姿になります




マーメイドとか、スレンダーなど

この年齢でないと出せない色気ねと(笑)


女性でもそう感じるような、ナイスなドレス姿の

ご新婦様も度々いらっしゃいますし




それに、メイクさんの腕前は凄いですから

思っているより、心配はいらない気もします




あと、お写真も後で修正してもらえますから


目元の小じわを美しく・・・とか

ぷにぷに二の腕をちょっとだけ細く、とか?


簡単にしてくれるので(笑)


リビングに飾れる写真ができると思います




プロのカメラマンさんは


構図とかポージングとか

上手く指示してくれたりしますから


それだけでも、かなり良い感じになります




そしてあと一つ


そういった事だけではないのが

ウエディングです




Dress 5.jpg





演奏をしたお仕事のなかで


今までで、一番お年上だった「花嫁さん」は

60代でした



それも限りなく、70に近い



お子さんが40代、お孫さんが中学生


結婚式を挙げられないまま、年を重ねて

頑張っていらした、親御様に


ただのお食事会ではなくて

結婚式をプレゼントしてあげたい!!


という、お子さん方からのサプライズでした




プリンセスなドレスが、似合うかどうか

というのではなく



嬉しくて、有難くて、感動がいっぱいになった

「花嫁さん」が、そこには居ました




人生で、一番素敵な日だったかもしれませんね


「わざわざ演奏してもらっちゃって、すみませんね〜」

と、ご挨拶されたお嬢様は


今こうして

やってあげられて良かったという

どこか安心したような、誇らしげな笑顔でした




そんなお子さんやお孫さんに


「こんなにしてくれて、有難うね・・・」

「こんなに良い思いをさせてくれて、有難うね」


と、何度も何度も

御礼をいって、涙ぐんでいました





30代でもドレスが綺麗かどうか?

そんな心配は、いいのかもしれません


心が綺麗になる、祝福の時間でもあるのですから

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 03:55| Comment(0) | 日記