*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年07月12日

パステルカラー


優しい愛情に支えられて

幸せをほんのりと香らせる関係は



見ている方も


ふんわりした、パステルカラーの空気に

そっと包まれるような


優しい気持ちにさせてくれます




Tableware 2014 今田 美奈子 1.jpg




七夕は過ぎましたが



愛のある関係が

長く、長く続きますようにわーい(嬉しい顔)



どうぞ、素敵な週末をお過ごし下さいね

Satomi
タグ:LOVE
posted by satomi at 02:32| Comment(0) | With Love

2014年07月11日

気になる機能


お食事中の方は、スキップして下さいね




最近、お化粧室の機能がますます満載になってきました



音姫なる、流れる水の音が自動でついて


けっこう攻撃的な水流の音が

もももう大丈夫、頼むから止めて下さい

・・・な気持ちになるまで?流れるのは当たり前で



照明も人感センサーで、感知したら自然につきますし


近くに行くと、小さく洗浄したり

センサーで自動に蓋の開け閉めまでしてくれます


(変なタイミングでセンサーに引っかかると動いてしまうので

個人的には、蓋のは付かなくてもいいのになぁと思いますが)



今日、お伺いしたところは

ショパンの演奏付き


・・・



あぁ、それは

私には気になって、おもてなしにはならないけれど(笑)




蓋が開くと、ノクターンの2番、変ホ長調の

どなたかが弾いた録音が始まります


やっぱり、気になって仕方ない(笑)



これは、どのタイミングまで演奏が続くのかしら?


タイムテーブルでいくと、3:50〜4:10あたりですが

その後は、またエンドレスでノクターン最初から?



それとも、違う曲が始まる?


まずは、最後まで聴かないと分からないけど

4分以上、ここに滞在しないといけなくて

2周したら約8分か・・・



あんまり長いと

「大丈夫ですかー??どうされましたか?あせあせ(飛び散る汗)

って、係りの方が呼びに来ちゃいますよね?



気になって、気になって、気になって

色々気になって(笑)



気が気じゃないまま、早いところ蓋を閉めると

ショパンも止みました



全然、リラックスできないお化粧室でした・・・ダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:one day
posted by satomi at 23:59| Comment(0) | 日記

2014年07月10日

STEFANO SERGEANT & 仙波和音 Duo Recital


スイスに留学中のピアニスト

仙波和音さんの、Duo Recitalのお知らせでするんるん



このところ、毎年の帰国時に

地元の茨城にてリサイタルをしている和音ちゃん



今回は、同じルツェルン音楽大学で学んでいる

ヴァイオリニストのステファノ・セルジャン氏と

デュオでのリサイタルですわーい(嬉しい顔)




*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


ステファノ・セルジャン & 仙波和音

デュオ・リサイタル



◆2014年8月24日(日)

☆エスカードホール

(茨城県、牛久駅の西口すぐのイズミヤ4階)


☆全席自由:2000円


[チケットお取り扱い]

ウインズ・ユー 牛久店:029−870−3663

ヤマハ・ピアノサロンつくば:029−850−0518


[お問い合わせ]

仙波:029−874−0988


[後援]

牛久市教育委員会

うしく音楽家協会

東京音大校友会茨城県支部




◆プログラム


クライスラー

*愛の悲しみ

*愛の喜び

*美しきロスマリン



モーツアルト

*ヴァイオリン・ソナタ 27番 ハ長調



ショパン

*ワルツより 第4番、第6番(子犬のワルツ)、第16番(遺作)


クライスラー

*プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ


シュトラウス

*ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調




*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


毎年、大人っぽく美しくなっていく和音ちゃん


地元のファンの応援も受けて


イタリア人のヴァイオリニスト、ステファノさんと

きっと息の合った、素敵なアンサンブルを聴かせてくれる事と思います



お時間ありましたら、どうぞお越し下さいねるんるん

Satomi 
タグ:Concert
posted by satomi at 22:19| Comment(0) | 活動報告