*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年05月17日

女心とレストラン


そうか、価値観の違いなんだなーと

ふと思いまして

ちょこっと書いてみますペン



女性は、素敵なお店にお連れすると喜びますね



それなりにコストもかかりますし


スケジュールに合わせた場所で

お店を探すとなると


情報も集めますから

段取りにお手間もかかります



もっと徹底するなら

好みをさり気なく調べたり


その日の動きに合わせて


お仕事帰りで疲れているなら

癒される空間を


リフレッシュしたい時には

気分転換になるようなプランを


お料理のセレクトも、体調に合わせて

ジャンルを考えておくと

完璧ですけど



そこまですると

外交官のお接待みたいでしょうか(笑)



(実際皆さんは、もっと高度な事をなさってますけど・・・)




Tableware 2014 今田 美奈子.jpg





週に何回も、こってりしたフレンチのコースなんぞを頂いていたら

凄く美味しいですが、体壊します(笑)



明日は、お茶漬け!!

いや、むしろ軽く断食がいいかも?

という気持ちになりますし



以前も結婚式が続いて、会食続きでコース三昧だと

食べ物で熱出したりしてましたから

ほどほどが一番かもしれません





消費税も上がりましたし

いまどきですから

女子も節約してます




でも、たまには

素敵なお店に連れて行って欲しいのが女心です



それこそ10代〜50代まで、まんべんなく


リーズナブルな居酒屋さんだと

お財布には優しいですが

ブーイングの嵐だったりなんかで?

(全員ではありませんが)



男性としては、とりあえずお腹いっぱいになればいいやとか

行きつけのお店だったり

10円でも安いハイボールを流し込む


・・・の勢いで


何でもいいじゃん


と進んでしまうと

その時は愛想笑いで済ませて、後日大ブーイング、みたいな?


あ、人生経験積まれた世代は

その場でブーイングしてましたが(笑)





たまに、個人的にお会いするお友達や

何かの記念日だったり、イベントがあるとき


お店とか、宿泊の手配をする機会がありますが



工夫すれば、ごく普通のお値段の+ちょっとで

素敵な所が予約できたりします


プランを探したり、手間はかかりますけど

居酒屋さんコストより安くて

抜群に素敵なところが取れる場合もあります




GIRLSは大喜びしてくれます



お料理だけじゃなくて

サービスとか、インテリアの雰囲気とかもねプレゼント




そんな時

ありがとうの他に、必ず言われる一言があって



「あぁ!

こういう素敵なところ


うちの旦那(彼氏)は

連れて行ってくれない・・・!」



・・・お疲れ様ですあせあせ(飛び散る汗)(笑)




みんな節約してますから

いつもお金使っていられませんよね




GIRLSのお話を聞くと


必死に倹約したり、生活のことを考えて我慢したり

旦那さんのお給料が足りないので

自分の働きで補填したり



大変なのは、お互い様と言うのも分かっていて

フォローしているけれど


私も、ものすごく頑張ってる



せめて、記念日とか誕生日とか

年に一回でもいいから



素敵なレストランを予約して

美味しいお食事をしながら


「ありがとう」


って、言ってくれると嬉しいのに




300円のバラの花を

たった一輪でもいいから


「ありがとう」


とプレゼントしてくれたら

嬉しいのに





感激して、泣かれたりする裏には

そんな気持ちが隠れていました




お陰様で、私は花束もお仕事柄頂きますし

お店の云々もして頂けるので


むしろ「ありがとう」という事が多いですから

恵まれていて、有難い限りなんですが




奥様や彼女をお持ちの方は

時々、プレゼントで素敵なお店にお連れして

感謝の言葉をかけてあげると


きっと円満になりますよ



ご幸運をお祈りします

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 03:40| Comment(0) | 日記