*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2014年05月30日

腕前か性能か


お帰りなさいませ家

もうすっかり、汗ばむほどの気温になりましたね



街路樹のグリーンも、色濃くなってきました




午後の芝生.jpg




演奏のお仕事で、共演者を選べない場合


すごーく、・・・ヘタ


・・・な方と、演奏しなくてはいけない時に



「いったいどうすれば良いんですかー!もうやだ〜(悲しい顔)




という、泣きの切実なご質問をお受けして



具体的な状況をお聞きし

それぞれの対策をアドバイスしてきましたいす





基本的に演奏は、アンサンブルにした時に

一番下手な方の水準までクオリティが落ちます



いかにして、それを阻止するかの工夫です




楽器は個人持ちの場合、どうしても資本の差が出ますし

いわゆる楽器の性能の優劣もあります



上質な楽器は、良い音が鳴ります




ピアノでも、そうですが


本気で演奏の仕事に従事している方は

1000万近い楽器でも、普通に買います


弦楽器だと、何億な訳ですが(笑)




中古の楽器の販売だって

7〜800万でも、バンバン売れていくんです


必要な人にとっては、必要ですから

こんなご時世でも、あんまり関係ないです


勿論、バブル時代のように


キャッシュでドーンとお買い求めの方は

あまりいらっしゃらないと思いますが(笑)




見せびらかしではなく

本当に必要で、購入されると思います






まだまだ泣きの質問は続きます



「結局のところ!

上手いとか下手とかって


楽器の性能なんですか?

それとも腕前なんですか!?」



“んー、楽器3、腕7”


ざっくり(笑)




“だって同じ楽器を弾いたとしても

上手い人なら素晴らしいけれど


そうでない場合

同じ楽器とは思えない演奏でしょ?”



豊かに美しく奏でる要素を

増幅してくれますが


楽器が助けてくれる部分を

過信しちゃあいけません




やっぱり、腕を磨かなくてはね手(パー)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 19:06| Comment(0) | 活動報告

2014年05月29日

長すぎた寿命


兄のうちの一人と、しばらくぶりに長く会話して

判明したことがありました




「前に買ってくれた牛革の財布が、天寿を全うした」

と言うのですが



いつ買ったのか、さっぱり記憶にありませんモバQ



毎年、イベントのタイミングでプレゼントはしても

やったことは割とサクッと忘れるので


去年、衣類をあげて

その前の年はもう覚えていない具合です(笑)




すると

「修学旅行で、神戸に行った時のお土産」

とか言っているので



驚愕!!目


どれだけ前の話です!?



風水とかでも、お財布の寿命は3年だからあせあせ(飛び散る汗)




兄達は手先が器用なので

あらゆる物を修繕したり

人によっては改造したりなんかで



その件の兄に関しては

直しながら極限まで使い切るタイプなんですけれど



それ、牛が生まれてお肉になるまでの人生よりも

長いからね・・・

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 01:55| Comment(0) | 日記

2014年05月28日

探り合いより育み合い


恋人探しって、なんか大変そうね・・・

と思ったレストランでの夜




通して頂いた個室は


一部屋に、一畳ほどの小さなスペースを

4つほどに区切った場所でした




すっと薄いカーテン越しに

ディスプレイの滝や、プールの

水の音が静かに聞こえます



基本的には、かなり静かなので

担当エリアのウエイターの気配も

良く分かるほどです




空中庭園.jpg




お向かいのお席には、デートのような雰囲気の

30歳近くになる男性と

可愛らしい喋り方の女性が、おかけになりました




お料理は、それなりに美味しく頂きましたが

会話が筒抜けすぎて(笑)



同伴者をお待ちしている時間は

こちらは一人ですから、静かなので

余計に会話をスルーできない、ちょっぴり悩ましい状況におかれました





デートかと思ったら

恋人の、お品定め中でいらっしゃいましていい気分(温泉)



つまり、お互いに探りを入れて


この人と付き合って、上手くいくのかどうかを

質疑応答している最中でありました目




過去の彼女・彼氏との出来事を開示して


こんな時、どうする?と聞いて

相手の出方をチェックしています





女性の方は、長く元カレと付き合ったけれど


毎日、欠かさず「この人と付き合ってていいの?」

と思い続けながら、年中ブルーだったそうで



楽しい時間は一日もなく


(もっと、ちゃんと好きな人と付き合って下さい・・・ふらふら





男性の方はたった一時間、圏外になるだけで

携帯には、元カノから30件に及ぶメールがあり




「今、なにしてるの?」「なんで返事くれないの?」

最後はキレたメールまで、どどーっと送られてきて




「あのー、普通に仕事中なんですけど・・・ふらふら



お友達や、会社の人との飲み会も禁止


彼女以外の人間関係は、極力カット



どんな時でも、返信を送り続けないと怒り


ご本人が男友達と遊びに行くのは

文句言わせない、という一方的な苦しい出来事を語り



(ご愁傷様です・・・あせあせ(飛び散る汗)






現段階においては


「よくあるけど


もし、日曜日にデートの約束入れているのに

急に仕事とかで行けなくなっちゃったら

どんなことする?」


という、緊急時対応マニュアルの確認みたいな事を聞かれていて(笑)




「ほんっと、ごめん!!!

後で埋め合わせするから!って、ひたすら謝るかなたらーっ(汗)


でも、そうなったら、どうするの?」



「その日は、一日中泣くよねー」


「・・・毎回!?


な、何か、大変だね・・・ふらふら




女性の方は、いつでも自分をかまっていて欲しい

男性の方は、ありのままの自分を受け入れて欲しい



という希望を語っていました




結論から言うと、精神が不安定だと

上手くいくものも、いかなくなってしまいますから


自分の立ち位置を、もうちょっと穏やかで安定したものに

変えていく努力が先決だとは思いますが





恋人探しの段階の時は

どうしても、一人称になってしまうのかもしれませんね



自分に有利な条件を、ひたすら追求する

そこに他者という視点は、消えてしまっています





お相手も同じ人間ですから


自分の要求や苛立ちをぶつけていたら

二人の延長線が、上手く交わることはないですが・・・







幸せな関係のお二人は

相手への愛情が、ほのかに感じられる

優しい空気感を出しています




「この人しか居ない」と思えた時には

ご結婚されていますから

そういう事なんですけど(笑)



条件だけでは、未来ははかれません


楽しい出来事もたっぷりありますが



一緒になれば、仕事や健康のこと

子供やお金の問題など



大変な出来事を、共に力を合わせて

乗り越える時期だってあります



もしかしたら、いつの瞬間も

乗り越える課題が出されているのかもしれませんが




素晴らしい部分を愛するとともに

もしも相手に、困った事があっても受け止めて


二人の生活が、幸せなものとなるように

上手に話し合ったり、思い遣ったり、改善して



新しい道を、育んでいる方達は

関係性の「格」が大きく上がる気がしますし



かけがえのない、尊く愛すべきパートナーとして

強い絆で結ばれていくように見えます





健やかなときも、そうでない時も

尊敬して、助けて、愛するからこそ


素敵な伴侶なんでしょうねわーい(嬉しい顔)





ベリーのショートケーキ.jpg





「・・・さんって、優しい方なんですね


こんな時に、こういう風にしてくれる所が

素敵だと思いますよ」




「一緒に居て、楽しかったです


普段、落ち込むこともあるので

明るくしてくれて、嬉しいです」



「忙しいのに、お食事に誘ってくれて

ありがとうございます」



「映画に詳しいんですね!


今度、何か楽しい映画を一緒に見られたら嬉しいので

面白そうなものを教えてもらっても良いですか?」



「・・・さんが一緒に居てくれたら

きっと、毎日楽しみが増えるんじゃないかなって思います」


とか





もっと素直に気持ちを伝えていれば


帰り際に、告白されたりすると思いますけど(笑)




議長、只今の一号議案に動議!ダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 17:56| Comment(0) | 日記