*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年10月22日

ソリスト不在の日


そうして、ふと思い出しましたが

かつて8年ほど前に



会場で先にお待ちしていると連絡が入り

その日、演奏する予定だった、とある年配のソリストさんが


来る途中で交通事故にあって来られなくなり

(自分で事故っちゃたのですが)


キャンセルによって、伴奏のプログラムが、急遽

全てソロで弾くことになった日がありました




その時は「えぇぇー!??」

と言う感じだったので



武蔵野の同級生にも

「さとみちゃん、ドは度胸のドだね!」

(彼なりの励まし)


と言われて、和んだような切羽詰まったようなでしたが




今となっては

“あ、そうなの?”


位で済んでしまうので


(勿論、演奏家によりますから

プロの上手い方だと、演奏会そのものが成り立たないので

居てくれないと非常に困ります)




「ド」は度胸という意味においても

より進化したのでしょう(笑)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 10:09| Comment(0) | 活動報告

居てくれなくたって〜


おはようございます晴れ

良い一日になりますように





朝早いと、7時台にスタンバイして

8時台にはリハーサルを始めるスケジュールになります




そうすると、日にもよりますが



朝の3時半から4時には起きて、楽譜の整理と練習をして

当日の楽器の状態も想定した準備をして向かいます




時に、楽譜が前日に届いたりもするので


結局はキツキツの予定になりますけれど



幸い、色々と慣れてくると

対処の引き出しが増えますので


以前にあったような出来事なら

動じることもなくなりますね



そうして、たくましくなって行くんですねー、きっと晴れ




花の壁掛け.jpg




先日は、朝一番の演奏先にて

歌い手さんが来ない?

という事がありました




最終的には、本番の20分前に到着したので

そこから伴奏合わせをしてギリギリ間に合いました



その時が初対面なので、リハと打ち合わせの時間は

最低限、欲しいところです



「初めてなので、伊藤さんフォローお願いします」

と事前に言われていて



お時間に来ないし、携帯に繋がらないしで

関係者が大慌てで連絡を取り続けて下さいましたが



「今、起きました」の事態


見事にやっちゃいましたね〜(笑)




それで、フォロー要員として私があてがわれたのでしょうか?


音大卒業したてなのかもしれませんが

残念ながら、コメントのしようもありませんもうやだ〜(悲しい顔)




先に、フルーティストさんのプログラムを合わせて

それも大方、終わっていましたので


もう間に合わない事を前提に

私は考えていて(笑)




慌てる関係者さんに落ち着いてもらうように

まずは、お声掛けし


歌のプログラムは、こちらで全部メロディーを入れて

ソロの曲に直して演奏していけば、全く問題はないので

すぐに対応できる旨を、お話しました



さあこれで、もう来なくても大丈夫!グッド(上向き矢印)(笑)




もし誰も来なくても、一人でも何とかします



と言うか、鍵盤楽器の強みは

どんな曲でも、うまく編曲さえしてしまえば

ソロで演奏できますから



オケの曲だって、編曲してコンパクトに弾けますし

(ニュアンスは変わりますけど)

一人で、最大百人分対応可能グッド(上向き矢印)






歌い手さんの場合は、ごくたまに

朝起きてみたら突如、声がかすれて出ない!

なんて事態もあります



その場合、早急に代役をたてないといけないので

どんな時間でも、連絡を取って対処します




体が楽器なのは大変なことですが

プロであれば、体調管理も仕事のうちなので



「絶対に風邪をひかない強い体をつくるか


もしくは、どんなに体調が悪くても

確実に歌えるだけの、高い技術力を身に付けるか」


と、オペラ歌手の方が時折仰っていましたね





お昼以降も、それぞれ違った場所に

弾きに行きましたが


何年もお仕事をしている声楽家さん方にとってみれば



「初めてだったら、早く行って当然だよ」

「そんなの言い訳にならないわよね・・・」

「それで音楽で仕事しようなんてなめてるぞ」


的な冷ややかなムードが漂い・・・(苦笑)




その場に、プロの声楽家さんが居なくて

遅刻の彼女は、直撃を免れて救われたのか


むしろ、ドカンと怒られた方が

本人の為だったのか定かではありませんが




こちらとしては

居なかったら居ないで、特に問題ないんですけどね(笑)



やっぱり見越して依頼してきたのかしら・・・?

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 09:29| Comment(0) | 活動報告