*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年10月07日

紙婚式のお祝い


演奏に行った先で、夜にオプションで

サプライズの演奏をすることになりました



予定時刻の30分前に頼まれましたが(笑)


弾くのは20分足らずだったので

演出の方向性を軽くお打合せをして


こちらのプログラムを立て

少し準備をして合図を待ちました




演奏付きの演出になることも

サプライズの一つとなりました



「上手い感じにお話して

こちらにお連れして参りますから!」


と、仕掛け人さんは何度もお礼を言いながら

お迎えにあがります





シャンデリア.jpg




とあるご夫婦の、可愛らしい奥様から

「結婚記念日のお祝いに、旦那様にプレゼントを贈りたい」

というコンセプトでした



ご結婚されて、一年目



大切な記念の節目に

これまでの一年間の思い出をアルバムにしたものと


中身は分かりませんが(笑)プレゼントと


そして何よりも、愛情と感謝を送る

サプライズにしたいと





「こちら、会場の中にお入りになりますか?」

と言って、仕掛け人さんが大きな扉を開けるのが合図です



良く響く空間に、お二人の視野が開けた所で

大音量で華やかに演奏



「おぉー」と言って演奏の中を入っていらして

一曲目が弾き終わる時には

すぐお近くで拍手をしてくれました




その後は、優しい曲を数曲


それをBGMに、奥様がおもむろにアルバムを取り出して

旦那様に手渡します



「え?どうしたの?」

と言いながら、アルバムをめくると

お二人のこの一年間の軌跡とメッセージ




時々、会話を重ねて

旦那様は、恥ずかしそうに照れ笑い


奥様は、鼻をグスグスして

ちょっと泣いていたようですね



無音でも、嬉しいプレゼントだと思いますが

音が入ると、場がよりドラマ仕立てになるので


仕掛け人さんは、それを

サプライズにしたかったのかもしれません




「一年目は紙婚式というんですよ」

仕掛け人さんが、お二人にお声掛けして


「今のお気持ちを、メッセージカードにどうぞ」

と、すすめると




今、とても嬉しい気持ちと

感謝の気持ちでいっぱいだと


旦那様が書いていらっしゃいました




そして、もう一つのサプライズは

結婚式の当日に、お二人が書いたお互いのメッセージを

事前に持ってきてあり



(ご依頼の打ち合わせの際に

すみません、これ大事なものなので

見ててもらえますか?と置いて行かれたモノ)




改めて、一年前の新鮮な気持ちを再確認




そしてお見送りの際も

扉の向こうに姿が見えなくなるまで

華やかに演奏




その後は、お二人はご予約のディナーに行かれたそうですが


仕掛け人さんは、その後すぐ戻っていらして

「すごく喜んでいらっしゃいました!」

とお礼を言いにきてくれました





旦那様は、大事な二人の結婚記念日だから

コースでの美味しいお食事と

心豊かな時間を贈りたいと考え




奥様は、愛情と感謝を目に見えるアルバムでまとめて

この一年間が素晴らしいものであったのを

プレゼントにして贈りたいと考え




仕掛け人さんは、今の感謝だけでなく

結婚した瞬間の、最高の気持ちも思い出してもらって


お二人の絆が、より素敵なものとなるように

出来るだけ感動的な演出を贈りたいと考え




私は、演奏を贈る





すっかり日が落ちて、薄明りの灯る外の並木では

金木犀が、柔らかに香っていました

Satomi
タグ:Partner
posted by satomi at 05:25| Comment(0) | 活動報告