*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年08月09日

ポジティブな仲間


「人の資質を伸ばす」に集中させているせいか


色々な方達の特性を、注意して見ながら

個人と全体とのパフォーマンスの質を上げて

方向性を調整していくので



同じポストで活動する仲間のことも


若い世代の子達のお手本としてご紹介したり

どんな事をやっているのかを改めて細かく見る機会も増えて

自分にも気付きがあります目



とても尊敬する所が沢山あって

その凄さに驚きます




Rose ローズマリー.jpg




同じポストのもう一人の仲間、Fさんは

娘さんが洗足音大を卒業して、しばらく経つので

きっと50代位ではないかと思います



私が明るく華やかなキャラなのに対して

落ち着いて控えめで

人に優しく譲ってくれるような性格なのですが



ものすごくタフでポジティブです


そのふり幅が、普通じゃない(笑)




「疲れた」なんて言っているのを

一度も聞いたことはなく


愚痴も、一言も聞いたことがありません



20代前半の元気な子達が、軒並みダウンして

無理です〜と言うような重いスケジュールでも


どんなに精神的にキツイ場面があっても

涼しいお顔でこなしてしまいます



慣れている人でも、愚痴オンパレードになるような

ハードな事でさえ


「今日は、大変でしたねわーい(嬉しい顔)

この後、冷えたビールが美味しいかな」


で、さらっと終わりです



もう、どうかしてます(笑)




時には、どうにも無茶なご依頼だってあります


たとえ、どんな案件であっても

勇敢に飛び込んで行かれます




その芯の強さと、優しい思い遣りと

いかなる状況からも、良い面を見つけ出せる才能は

群を抜いていて


そこが素晴らしさであり

誰にも真似できない、彼女の良さだと思います




ご一緒していて、その凄さを垣間見る時


数百人いる該当者の中から

選考する側の全ての人に認められて抜擢された


大幅な再生と飛躍の為の、人材の切り札であるのを

ふと感じます




あちこち色々と活動していると

「もう、この人は神じゃないだろうか」

と思ってしまう方達がいらっしゃいますね・・・(笑)




一般人の持つ、弱く醜い部分が一掃されていて


澄み切った青空のように

しっかりと前を見つめる眼差しだけで


能力も内容も努力も、その分高くて

どこか次元の違う世界を生きているような気がします



苦境に立たされた時にも

良い面を探すことが出来るのが

本当のポジティブだと


教えてもらったことがありますが



そういった意味においても

ポジティブなんですね


尊敬しますひらめき



新しい一日も、素敵な日となりますように

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 05:32| Comment(0) | 活動報告

ソムリエールのキャッチ


帰り道に、駅のフリーペーパーをもらいました


表紙には、ミニ丈のワンピースを着たモデルさんが

可愛く女子っぽいポーズをとっています



パラパラとめくって、目に留まった広告がありました



「幅広い知識と経験から、ご要望に合ったプランを

ご紹介いたします本


と、サブタイトルの付いたものでしたが


ただ商品の説明としてのタイトルでなくて

ライターご本人のテイストを、そのまま出したような言葉運びが

ちょっと印象的でしたペン





『失恋の痛みを発散しに来たけど

美脚効果で新しい彼をゲット!』



キック・ボクシングのジム


とか(笑)



『狙った獲物は逃さない!

胸の谷間は恋の落とし穴黒ハート


エステサロン



とか?



タイトルだけだと、いったい何の宣伝か

良く分かりませんが


あー、そういう事ね

ふふ、と笑ってしまいます




『草食男子だったあの人を

3時間2人きりで肉食に調教黒ハート



えー、どんなんですかソレ!?

と思ったら、飲み放題付き焼肉のコース




そこはリアル肉食だった訳ですね手(パー)

Satomi
タグ:word
posted by satomi at 03:55| Comment(0) | 日記