*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年07月21日

ペイ・イット・フォワード


アメリカのドライブスルーで


後ろに並んでいる、見ず知らずのお客様の分も

前の方がお支払いしてくれたそうです



それが、カフェラテ一杯だとしても

奢ってくれた嬉しさに


「じゃあ、私も次の人の分を奢るわね」


と、連鎖が続いて


いつの間にか、55人




クリスマスのスターバックスでは

最高で350人が、親切の連鎖になったそうですから



さり気なく、頂いたプレゼントの嬉しさと

誰かにしてあげたい、という優しい気持ちが


ずっと続いたのですね喫茶店




カフェ・ラテ.jpg



「僕が3人の人に親切にしたら


その人達は、また他の人にもきっと優しくしてくれる


そうして、この世界が


優しさの連鎖で

変わっていくかもしれないよ」



あなたの贈る、優しさが

お隣りの誰かを、幸せにする日となりますようにかわいい

Satomi
タグ:Life
posted by satomi at 03:42| Comment(0) | 癒しの楽園

マイクを持ってしまえば


花火大会に行ってきました夜



推定で、ご来場人数が58万人

すごいですね〜




近年は専ら、お仕事帰りに

花火帰宅の皆さんのラッシュに

当たってしまうケースが続いたので



しっかりと観られるのは、予定としてもとても珍しく

せっかくの機会なので


「一緒に観に行きたい」のリクエストに

お応えすることにしました




前を見ても、後ろを見ても、横を向いても

・・・カップル(笑)



そういう祭典なんですね、きっといい気分(温泉)





お月様が輝く横で、涼しい風を受けながら

花火師達の技が繰り出されます


一時間の打ち上げプログラムが

あっという間に過ぎていきました




さて、帰り道


花火終了の合図があるや否や

30秒以内に撤収が始まって


(みんな、やけに早い)


通行規制のはずのロープをくぐって

一斉に斜面を降りていき


あとはもう、動かない人混みです




人数と、出口の階段の規制からして

人がはけるのに、だいたい一時間かかるなーと思って


安全確保でのんびり移動しました




おそらく警察の警備にあたっている人達は

なかなか大変ですよね


規制をかけても、なかば無法地帯です


おサルな若者が斜面を走っていくのを

注意しながら追いかけたりしていました(笑)

(本人は実に楽しそう)




各所スピーカーで、大きな声をかけながら

事故のないように注意しています



最初は

「危ないですから、策を乗り越えないで下さい!」

「転倒します!前の人を押さないでください!」


と、やっていましたが



なんとなく、進行が出来て

混雑しているけれど、少しずつ順調に人が流れ始めると


声掛けの内容も、だんだん緩く変化していきます




「皆さん、今日の花火はいかがでしたか?」


・・・?


それ、安全確保の整理と関係なくない?(笑)



「お楽しみ頂けましたでしょうか!」


普通にMCになっています



「さあ、皆さん

お家に帰るまでが、花火大会です!」


小学校の移動教室?



以降、おじさまのマイワールドが

繰り広げられていきます



今、まさに

警察の制服を着た、校長先生がここに(笑)

Satomi
タグ:season
posted by satomi at 00:24| Comment(0) | 日記