*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年07月31日

一行で特質を


人材育成をテーマにしたご依頼による

お仕事もしています本




ただ普通に大学を出ました

あるいは行っています〜、では

皆さん、まっさらですからね(笑)




いかにして、優秀で戦力になって

仕事のデキる人材に育て上げるかが


あらゆるパフォーマンスで、受注を賄う組織にとっては

生命線となります



対象の人数も、かなりの数になります




組織の中枢の方達からの全員一致での推薦を頂いて

ちょっと特別に、その役に就くことになりましたが




私は、誰とでもコミュニケーションが取れて

個人的な差別をしたり、機嫌のアップダウンが無く


明るく優しいのでムードメーカー的であるけれど

視点は大人なので、かなり冷静



というのが、人選の理由だったようです





そう言われてみると

まるで演奏の世界のお話みたいで




感情の盛り上がりや

熱い情熱にまかせて、自制を失っても


計算に終始した、クールなだけでも

演奏は上手くいかないもので



豊かな感情が溢れていても

確かにコントロールされていて


情熱と冷静さのバランスが取れていることが

ベストの演奏の条件でもあります




真逆の要素が同時にあるんですが

どちらも自分ですリボン




Sea 輝く水面.jpg





フォローアップや指導をしながら

一緒にお仕事をした子の

報告書を、毎回提出します



簡潔に書かねばならないために

だいぶ長めの一行位で挙げないといけません



でもこれがなかなか、面白いです(笑)



この子の特性を、どう集約して表現するか?




頭の回転が速く、機転が利くとか

急なアドリブに強いとか


明るくて元気で、雑用的な事まで手伝ってくれるとか


ハードな依頼でも、飛び込んで行けるチャレンジ精神があるとか

一回の説明で、それ以上の水準のことが出来るとか



落ち着いた雰囲気がとても良いとか


人当たりが良くて丁寧で、お客様にも好かれるとか

立ち姿が美しい、お辞儀が綺麗という事まで(笑)




能力について、人柄について

今後の可能性について



あらゆる解説が付けられます




それを、簡潔に的確に表現して

どうまとめていくかは



まるで、コピーライターさんが

「これが売りです!」と言うのを考えるみたいで


私には、ちょっと楽しいです

(人によっては面倒でしょうけど・・・笑)





「女性への優しい配慮

大変な作業を積極的に買って出る、紳士的な思い遣り


いつでも笑顔に満ちて、非常に聡明で賢く爽やか

また、人柄は常に謙虚で律儀


稀に見る良い男です」



とかね!

書いてやりたい時もあるんですがペン(笑)



そんなことしたら


次回お仕事の依頼じゃなくて

婚活女性からの依頼が舞い込みますね



(とあるファゴット奏者くんの表現で書いたのですが

実際にそんな感じです)


これじゃ違う才能を発掘しちゃうな・・・黒ハート(笑)

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 03:40| Comment(0) | 活動報告

遥かなるムショ違い


お帰りなさいませ家

面白かったので、また書いちゃいます





白亜.jpg





お留守番の出来るようになった

しっかりさんな女の子のお話です



ママのお手伝いが大好きで

近所からも評判の良い子



その日、お母様は税務署に行くご予定があり

いつものように、可愛い娘に

お留守番をお願いしました



税務署が何なのかは知らないけれど

しっかり覚えて、お留守番スタートです




ほどなくして、お母様宛のお電話が入りました



「はい!」と、元気よくお電話を取ると

「お母さんはいる?」と聞かれました




そうそう、さっきこう言ってたよね



行先を思い出して、自信満々に


「おかあさんは、いま

刑務所にいっていますわーい(嬉しい顔)




その夜


お母様あての電話が相次ぎ

対応に追われたそうです・・・



あのね

一文字違うと、えらいことになっちゃうんだよ(笑)

Satomi
タグ:kids
posted by satomi at 00:00| Comment(1) | 日記

2013年07月29日

永久に来ないバス


私の直接の知り合いではありませんが

ちょっと面白かったので、ここに書いてみましたペン





カフェ.jpg




その女性が、外国に暮らしていた時のこと



やっと英語にも少し慣れて

カタコトのコミュニケーションながら

現地の人達と、お話出来るようになりました




バス停で、いつものようにバスを待っていました



もちろん、日本の電車のように正確に来てくれませんから

気長に待ち続けていると



その日は特に遅れていたらしく

自分の後ろに、列がどんどんのびていきました





すぐ後ろで待っていらしたご婦人が

バスが来ない事に、しびれを切らして


「あなたは、いつからここで待っているの?」

と、お声を掛けてきました




“あなたは、いつからこの国にいるの?”

と言う、いつも聞かれる質問だとばかり思って



フレンドリーな笑顔で


「6ヶ月ですわーい(嬉しい顔)



すると、ご婦人は絶望的な声をあげて



「OH!! Noooo!!あせあせ(飛び散る汗)





・・・ここでバス6ヶ月待ち?

レディー、タイシタ根性ネ(笑)

Satomi
タグ:Foreigner
posted by satomi at 10:01| Comment(1) | 日記