*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年06月14日

審査員さえも


朝から爽やかなMozartのソナタを

いっぱい聴きました



Beethovenの同じく初期のピアノ・ソナタもあり

学生時代に試験で弾いた、Schubertの即興曲あり



久しぶりの、ピアノ曲のライト・プログラムを

ひとしきり耳にして、懐かしく思いました




Sky Aug..jpg




控室では、大阪音大卒のちひろさんが


直接の音楽関係者ではないOくんに

オーディションとは、どんなものかを

熱く説明しているところでした




ちひろさんは、卒業してから

「とにかく、ピアノの仕事!!」

と言って、手あたり次第とことん

オーディションを受けまくったそうです(笑)



頑張ったのね

偉いわ




色々なオーディション


それは、課題曲もあれば自由曲のときもあり


演奏時間も、5分だったり10分だったり

長ければ30分あったそうです




“30分で1曲だと重いのが行けるね

リストのソナタとか?ラフマ?


何弾いたの?”



「えーとねー

ゴルトベルク弾いた(笑)」



“あはは!30分ゴルトベルク!

ちひろさん、バッハ好きだしね”




Oくんは、私達の会話が何の事だか分からずに



「???」


となっていたので


彼の為に解説しました





“むかーし、むかし


偉い人が不眠症で夜眠れないので

「何かさ、良く寝られる曲ない?」と言うことになり


才能豊かなバッハさんは、一つのテーマを

ひたすら沢山変奏していって


「気付いたら、寝てた」


みたいな健やかな睡眠のための音楽を書きました”



変奏が30個あり

これはピアノ・リサイタルで演奏を聴いていても

あれ、いくつ目を弾いていたっけ・・・


と、途中で記憶がないことが?

(健やかな入眠)




“よって、上手く演奏ができれば、審査員も寝られます”



「ダメじゃん!それ(笑)」

Oくんもウケています




実際、その逸話については

違うであろうという説が一般的なようですが


眠くなれるのは、確かです




よーし、一人おちた!

二人目も間もなく!


コンプリートまで、弾き通すよ!



って、ことで弾いたの?

と尋ねると



「それが、区切れるのが細かいから

2〜3個弾いたところで、あっさり


『もういいです』 チーン」


でしたとさ

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 01:19| Comment(0) | 活動報告