*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年06月11日

ヒーローになろうよ


お帰りなさいませ家



最近、改めて思う出来事がいくつかありましたが

同じように発展や成功を希望していても


ご自身の能力を伸ばせる人と、そうでない人

はっきり分かれますね




小手先の努力とか、そういうのは役に立っていなくて

「自己肯定」の力が進歩する決め手になっているなと

接していてよく思います


あとは「依存しない」気持ちですね





午後の芝生.jpg




ごく普通に生きていれば、大変なことぐらい

時々起こりますし



自分の力で何かをしようと思ったら

お仕事を探すとか、新しく始めるとかでも


それなりにチャレンジが要ります




困難と思える出来事に当たったとき


自己肯定ができる方は


「すごく大変だけど、私ならきっと乗り越えられる!」


と思っているんです


自分を信じているんですね




いったいどうやって乗り越えてきたの?

と思うような場面もしっかりクリアして

前向きにどんどん良くなっています



起こることが「勉強だから」と

ご自身の身になっていきます



始めた最初は思い通りにいかなくても

数年後には、もう頭角が出て

明らかに「頑張っている素敵な人」のステージに居ます



困難さえも糧にしてしまうのでしょうね





同じように、接している中で

“あ、この方は伸びないな”と思う人もまた特徴があり


「自己否定」のプロフェッショナルです(笑)



そんな方に限って

チャンスが欲しいとか、上手くやっている

(上手くやっていそうだから)

あやからせて下さいよ・・・!と寄ってきます



それって、ずるいことなんですけどね(笑)



だって、努力しました

ただそれだけです



周りで実績を上げている色々な分野の方達も

生活スタイルを知らなければ

一見、運が良かったなどと思うのでしょうけど


彼らの努力の桁は違います


目標があるから、地道にクリアした集大成が「今」です




「私は、できる限り楽をして

誰よりも良い思いをしたいんです」

って言っていることですから




生まれた時から一切、練習しないで

凄いピアニストになりたいです、とか


疲れるから一歩も歩きたくないですけど

エベレストに登頂させて下さい的なお願いですね





さてさて、そんな


本当はあなたの経歴だったらもっと出来てるハズじゃないの?

何で全然進歩してないの?


が自他ともに認識されている方達の共通項

「自己否定」



「どうせ私なんて」が大好き(笑)




自己否定が強いと、起こる出来事にすぐ心が折れるので

精神的に弱すぎて、お仕事でも使い物になりません


職場の人を困らせて、支障がでるので

セミリタイヤ生活だったり


必要な努力そのものにたどり着いていないので

気が付いたら良い年なのに

同じような環境に居た仲間からは遥かに置いて行かれてます



空いた時間で余計に人を妬むので

マイナスが溜まってしまっています



さらに自己否定を強めて

精神の病気とかになる人も多いです



みんな繋がっていますからね



その自己否定が染みついた原因のケアは

専門家の分野なので、私はどうこう出来ませんし


アドバイスしたところで残念ながら進歩は難しいので

なるべく失礼させてもらっていますが


併せて、依存心が強いのも特徴ですね




そんな風にならないように

気を付けたいものですね




メエメエ(ラランヌ作)おしり.jpg



自己肯定の出来る人は、どちらかというとポジティブです

魅力的な人も多いです


一緒に居て、プラスを生み出していける

良いエネルギーを持っています


大変でも根気よく、解決策を探していくので

「頑張って良かったね」という結果を導き出せます




多くの映画・ドラマ・マンガなど

「ヒーロー」はカッコいいです


どんな困難があっても、苦しいピンチがあっても

それを鮮やかに解決してしまうからこそ

カッコいいヒーローです



是非、ヒーローになって下さい


素敵な人が増えますように

Satomi
タグ:Talk
posted by satomi at 04:25| Comment(0) | 活動報告