*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2013年01月25日

ご紹介心理


お帰りなさいませ家


金曜日なので、皆様はホッと一息ついて

ゆっくりお食事やお酒などを

楽しめる日かもしれませんねバー


良い時間になりますように


赤いバラとグラス.jpg




お陰様で友人知人は、どの世代も

仲良くさせて頂いておりますが



「ちょっとぉ、年下紹介してよ〜!」


なる、酔った時のおっさんみたいなノリで

リクエスト頂くことが増えました



「イケメン、イケメン黒ハート


とか、仰っています(笑)

笑えますけどね




“イケメン、紹介しても良いけど

彼等は、モテるよ?”



必ず、一言そえます



それこそ中学生、高校生の頃から

女の子達がキャーと寄って来て


バレンタインやお誕生日ともなれば

贈り物・プレゼント三昧ですものプレゼント



さすがに、川越シェフ?みたいに

6畳のお部屋が、贈り物で埋まる・・・

ほどでは無いようですが(笑)




社会人になっても、勉強家でお仕事が出来て

ルックスやセンスも良くて、人当たりも良くて


お給料もあって、お話上手で

自分の車も乗っていてとなれば


それはもう女の子達が、放っておく訳がありませんブティック



常に、女性陣がいっぱい営業にいらしてますよね(笑)




・・・と言う、現実をふまえて

“そんな感じだけど、どうする?わーい(嬉しい顔)


とお聞きすると


「じゃ、やっぱりいいふらふら

決まって、ご辞退なさいます(笑)




時にはご紹介で、上手く行くケースも

あると思いますし

一つの出会いの方法ではありますよね



ただ私は、自分の力で出会いや繋がりを作るのが

大事なのではないかな〜と思っています




仮に、どこか背伸びをしたり

元々あまり合わない世界のお相手を

無理にご紹介してもらって、きっかけができたとしても


それを、育んでいけるかどうかは

その後のご自身のスキルにかかっていますから


お互いに長続きはしませんよね



その後の方が、大事なんですもの



それよりも、出来る努力をしながら

自分が好きだったり、得意なフィールドで

進んで行きたいと思う場所で


お互いに、気の合う方とお会いした方が


より楽しいし、理解してもらえて

一緒に活動も出来て

関係も安定するかもしれませんよね




あるいは、高い倍率に打ち勝っていける自信と

大きな情熱さえあれば

イケメン街道にチャレンジする価値もあるかもしれません(笑)



お互いに、何かの魅力を感じて

ご一緒するんですから



他力本願より、自力が確実ですね黒ハート

Satomi
タグ:GIRLS
posted by satomi at 17:53| Comment(0) | 日記

2013年01月22日

チューナー持参計画


故障していたり、直前に楽器トラブルがあって

「本番を迎えるのが心配」な状態で

演奏しに行くことになるケースが、近年多いですね




出ない音があったり、ちょっとした故障は

カバーしながら演奏しますし


お陰様で、弾く時には楽器の方も

調子が保たれている場合も案外あります



楽器くん、頑張ってくれてます黒ハート(笑)


終わってみたら大丈夫で、関係者もホッとします




「直前に起こった、最悪のケース」

が、私の時には何とかなるので


有難いご加護でも付いているのでしょうね手(パー)(笑)




Tableware フェアリーローズ 2.jpg




フルーティストさんと合わせをしていて

こちらの楽器のピッチが、微妙に下がって違和感



まだ調子が良くないようで

「下がったら、上げて弾く」で対処しました


(これも本番中は大丈夫でした)



代替えの電子楽器まで用意されていたので

前の日は、相当大変な事態になっていたようです




色々なケースに対応できないといけないのが

お仕事ですから



“これって、チューナーあると良いよね

ピッチの確認ができるし・・・


これから、持って歩こうかなぁ”


さり気なく私が言うと

フルーティストさんに笑われました



「鍵盤楽器なのに、チューナーってダッシュ(走り出すさま)(笑)」



“そうよね〜、まるで吹奏楽か何かみたい

管楽器奏者じゃないのにね(笑)”


(鍵盤の場合は、ピッチの作業は技術者のお仕事分野です)



“あ〜、リペアの技術とか身につけておけば

トラブルの際に直せるのに〜”


にも笑われましたひらめき


こうなると益々、何屋さんか分からない



でも、能力的に出来る事が増えれば

よりピンチの場面でも、安心できますからね



この思考は、いつも未来に備えっぱなし?



レスキューだから、仕方ありませんわ(笑)

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 23:43| Comment(0) | 活動報告

木漏れ日


テノールの小堀勇介さんの

清涼感のある歌声が心地良く響いて



空間に広がる美しい旋律は

真っ直ぐ差し込む光を透かし見た

木漏れ日のようでした



細部まで丁寧で、お人柄が出ている気がしました




Green 1.jpg




20倍以上の難関を切り抜けて

新国立のオペラのメンバーになられた

若手の歌い手さんです




演奏する曲目が少なかったのもあり


いつもたくさん弾いていた方が

自分としては安心なので


“今日、これで良いのかしらーあせあせ(飛び散る汗)

と言う気持ちに(笑)



“もう、せっかく歌い手さんいるのに

合わせる曲が少ないなんて、もったいないね”


本当に、あと20曲位あっても良いんですけどね





すっとした爽やかで誠実な歌い方や

声質そのものが、心地良く響いていました



終わってから、良い声だねと感想を述べると


「いやー、まだまだ勉強中です本

と、とても謙虚にお話されていました



「でも、そういってもらえて、嬉しいですわーい(嬉しい顔)

はにかみながら、笑っていたので



“聴いていて、とても心地良いよね”と言うと

一緒にいたフルーティストさんも

「うん、そうそう!心地良いるんるん」と同意してます




演奏するのが好きでやっているお仕事なので


あくまでお客様として聴いているのとは

違った立ち居地での聴き方ではありますが


やっぱり、こういうのって良いよねぴかぴか(新しい)

とも思いますし


もうちょっと聴いていたいな、と感じる歌声でした



“もっと、沢山ソロ歌って欲しいのに”

と言うと笑っていました



やっぱりもったいないなダッシュ(走り出すさま)

Satomi
タグ:Singer
posted by satomi at 21:41| Comment(0) | 活動報告