*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2012年08月29日

Cooking日和


お料理をするのは、お陰様で割と好きですわーい(嬉しい顔)



作っている間は、無心で作業ができるのが

私にとっては良いです


禅宗の修行みたいな事を言ってますが(笑)



あと、その道のプロではないですから

プロならではの、プレッシャーもありませんので


自由にさせてもらってます





演奏旅行で、一定の期間ずっと

外食をしなければいけないときも


運良くキッチンが借りられる所ならば

自分で何か作って(他の出演者の分も)


経費削減と、体調維持してました




ご当地の美味しいお料理は

落ち着いた所で頂ければ十分Happyなので



調子に乗って、3食全部を食い倒れ〜は

あんまりしないかもしれません?レストラン



すこし軽めの方が、体も頭もスッキリするので

パフォーマンスしやすいですひらめき





「ピアニストで料理するなんて、珍しい」

と、他の楽器の出演者によく言われました


(きっと、危ないからお料理をしたくない派の

ピアニストさんが共演で多かったのでしょうね)




確かに、鍵盤の人は手が大事ですから

気になさる場合もありますが


お料理の得意な方もいらっしゃいますよるんるん



きっと、出来た方が楽しみが増えますし

色々な場面で役に立ってくれる気がします




例えばレストランで1000〜1500円のメニューのお品を

実際に自分で作ってみて


ナント、コレは原価200円位で出来る?

のを知ってしまったりすると(笑)




そんなに気が向かないけど、間に合わせ外食で

美味しくなかったなぁ、の機会はもったいないので

Cookingにシフトしていく感じです




本当は、手間をかけて丁寧に作ることで

こんなに美味しいお料理が出来るんだな〜

と言うのを感じる機会があり


そのお陰で、ちょっと意識が変わりました




海老とアボガドのペンネ・セサミパン.jpg




自分で作ったお料理の写真は

普段そんなに撮らないのですが

こちらは比較的、最近のものです


パンも焼きましたファーストフード




やり始めると、技術の向上など

道のりは果てしな〜く長いですね



しかも、料理はジャンルも沢山あって

覚えていくだけでも、やりがいが・・・ありすぎ?(笑)



ピアノで言うと

「幻想即興曲が弾けた!」で

喜んでいる感じのレベルですが




美味しい物を頂くと、それもまた幸せになりますし

召し上がる方も喜んで下さるので

美味しいと言ってもらえて、有難いです



あんまり急いで同時進行で作るときは

焦がしたりしますけど・・・足




でも、丁寧なサービスをしてくれる

質の良いレストランなどで


広がる景色を眺めながら

ゆったりお食事できるのも、大好きですわーい(嬉しい顔)


きっと、品質の向上が大好きです(笑)

Satomi
タグ:cooking
posted by satomi at 19:33| Comment(0) | 日記

好きならば


音楽や美術や演劇など


芸術分野のお仕事に就く人には

やはり、その業種ならではの苦労があります手(グー)



どんなに大変であっても

手間がかかっても、エネルギーが必要でも


費用の工面をしなくてはいけなくても

しんどい事があったとしても


何かを捨てなくてはいけない場面に直面しても




それでもやっぱり


「生涯、続けていきたいと思う」


と、皆さん仰います演劇



それが、どれほど素晴らしいものなのかを

身をもって知っているからでしょうねわーい(嬉しい顔)



デザート・プレート.jpg





あるところで、生涯の伴侶のような

ものかもしれませんかわいい



何が起こっても、共に生きることを

選択しようとするのですから




お仕事と呼ぶには

枠から飛び出してしまう様です




自分自身でもあり

大いなる喜びや創造があったり


勇気付けて支えるものであったり

生み出した感動で、誰かの人生を変えてしまったり




そこを軸にして

色々な美しい出来事が起こります




ただ、ハードルもたくさん出てきますが(笑)



本当に好きなのかどうか?

生業として行うに相応しい人材かどうか?


何だか、その度に

試されているみたいですけれど



しっかりクリアした人には

女神が微笑みます黒ハート



それに応じて、素敵なプレゼントもやってきますしね




社会の変化に伴って

よりいっそうの工夫も必要ですが



心から好きで好きで


どんな努力でも出来て

生涯にわたって生業にしていきたいと


強く願っている人達の道が


豊かに拓けていって欲しいと思いますわーい(嬉しい顔)



アートな分野って、感動いっぱいで良いですよ〜ぴかぴか(新しい)

「生きてて良かった!」まで行けます(笑)

Satomi
タグ:ART
posted by satomi at 00:22| Comment(0) | With Love

2012年08月27日

ステージ衣装3年説


「さとみちゃん、相変わらず可愛いの着てるね」


と、久しぶりに会ったピアニストの

和音ちゃんに言われましたるんるん



ワンピースと言うよりは

パーティードレスに近いものでしたが


何年か前は、ステージ衣装として着ていました


それが、今やデイリーに(笑)




Dress 2.jpg




ピアニスターHIROSHIさんと言う


作曲も出来て、面白いアレンジやアイデアで

東京文化会館を、お客様でいっぱいにしてしまう

ピアニストさんがいらっしゃいます





ずいぶん昔


HIROSHIさんは、黒い服しか着なかったそうです



全部、黒

上も下も、クロ




でも、お客様に観て頂くのに

ステージでこんな暗くてはいけない!


楽しんでもらう要素がなくては



・・・と思い



少しずつ色や刺繍や柄の入った

鮮やかな衣装に変わっていきました




人は、着慣れてくると

それが普通の感じになるようです




HIROSHIさん


だんだん派手になってきて


「3年前の衣装は、今の私服ぴかぴか(新しい)


なる現象が(笑)



いったいどんな格言!?

と当時は思ったものの


やはり、ここでも同様の現象がブティック

Satomi
タグ:Dress
posted by satomi at 03:24| Comment(0) | 活動報告