*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2012年07月26日

回遊魚


友人のけんぴーが店長をしている美容室に

夜、カットに行きましたいす


炭酸を使ったお湯でシャンプーして

驚くほど髪がつるつる、つやつやになり


自分で触っても、CMみたいにサラサラ、つやつやで

気持ちが良いかもリボン



けんぴーは勉強熱心で

待合いスペースの本も、雑誌だけでなく

スティーブ・ジョブスの本とか(笑)


そちらのラインナップが増えていました



「けんぴー文庫」と化しているようです



Mens.jpg



“いつも研究してたり、研鑽をつんでいて偉いよね”


と言うと


「いやいや・・・(笑)


この業界は、常に勉強してないと

やっていけないからね〜


魚と一緒、ほら、泳いでないと

生きていけない、みたいなね!」



・・・まぐろ?(笑)

Satomi
タグ:Man
posted by satomi at 23:59| Comment(0) | 日記

2012年07月25日

我が旋律を


ソリストさんの旋律だけの楽譜に

伴奏を自分で付けて用意していきました




待合室.jpg



「じゃあ、合わせしましょうか〜」

と曲のサイズを確認したら



ソリストさんは、楽譜を覗きこんで

「あっ、旋律しかないたらーっ(汗)




そうですよ(笑)

それで弾いてます



でも、コード進行は書いておいたので

楽譜としては大丈夫です




同じリフレインの時は

和音の進行や、装飾の内容を少しずつ変えて


退屈ワンパターンにならないようにしています



合わせてみたら、ソリストさんは


「私、これでいいの?ここ吹いてる場所?」

とばかりに、心もとない演奏に(笑)




“ちゃんと合ってます!大丈夫です!


何が起こっても、自分のパートを

そのまま吹き切って下さい(笑)”




伴奏合わせには、ちょっぴり鉄の意志が必要ですね



とはいえ、流されちゃったら

また間奏を入れて

ソリストさんが、入れそうな個所に戻って



“どうです〜?”

って待ちます





かつて、本番でパニックになって

同じループから抜けられなくなり


曲中を3回も繰り返してしまった歌い手さんも

いらっしゃいましたが(笑)



ずいぶん長編作品に変身しました本





その方は、大の練習嫌いだったのですふらふら


有名音大を出ていても、練習不足だと結果がでてしまうのが

音楽の怖いところですね



念のため、プロの歌い手さんではありませんが・・・

(プロはそんなことしませんよ〜)




とは言え、有事の際もピアノさえ途切れなければ


「やけに長いな〜、この曲」


で、何とかなります




弾いてしまうが勝ち・・・?(笑)

Satomi
タグ:Fl.
posted by satomi at 12:57| Comment(0) | 活動報告

謎のタイトル


ネーブルオレンジの色の表紙に

ゴシック体の太い文字で、タイトルが書いてあります




“あら、何の本かな?”



遠目で見たら


『なりきる技術』



演技とかの本?演劇






ちょっと近付いて見直すと


『はりきる技術』




モチベーション・アップだったのかな?




手に取ったら

『やりきる技術』でした(笑)



内容は、自分が設定した目標を

いかに達成するかの指南書だったのですが




タイトル、だいぶ見間違え

・・・お疲れ気味なのかな喫茶店

Satomi
タグ:book
posted by satomi at 12:08| Comment(0) | 日記