*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2012年04月11日

バラの花束


素敵なお話だったので引用ですペン



あるレストランでバー


就職が決まり、間もなく辞める予定の

アルバイトさんが居ました



最後の勤務の日に、店長さんは


「今までの感謝の気持ちを込めて

お化粧室の掃除をお願いします」


と、指示を出しました



そして、その子が掃除をしている間に

店長さんはお店のテーブルを回って


お客様に、こっそりバラの花をお渡ししていきます



「今日で辞めるアルバイトさんが

これからテーブルを回りますので


彼女にこのバラの花を

お渡しして頂いてもよろしいでしょうか?」



お客様方は、喜んで引き受けて下さいました



ピンクのアレンジメント.jpg



しばらくして、掃除を終えて戻ると


店長さんは


「では、各テーブルを回って

お客様に最後のご挨拶をしてきて下さい」


と指示を出します



言われた通りに、その子がテーブルを回ると

お客様から1本ずつバラの花を頂き


全てのテーブルを回り終えた時には

それは30本のバラの花束となっていました



彼女の目からは、大粒の感謝の涙がこぼれ落ちました





「なぜこのお店が素晴らしいのか、分かったよ

店長さんは、みんな、一人一人を

大切にしているからなんだね」


とお客様が優しく声をかけて下さったそうです




レストランは舞台となり


全ての人は共演者として

忘れられない感動のドラマを

共有しました




素敵な夜をお過ごし下さいねかわいい

Satomi

タグ:STORY
posted by satomi at 02:37| Comment(0) | Messenger

ピアノなお値段


以前のピアノのパンフレットが少し出てきて

片付けていたのですが


ウィーン発で古くから愛されてきた

ピアノメーカーのベーゼンドルファー



上品な含みのある美しい音色の楽器で

88鍵だけでなく、92鍵とか


豊かな響きにするために

低い方の鍵盤の音を増やしてあるメーカーさんです



弦楽器や声楽とアンサンブルする時など

溶け合いやすい音色で

美しく鳴ってくれるピアノです




で、そのパンフレットが出没本


ビックリしたのは価格表



たまたまあったものを見比べると

同じモデルのピアノが

7年間で600万ほど値上がりしています




そんなにー!?あせあせ(飛び散る汗)



その600まんえんで

同じクオリティのメーカーさんの

一番小さいグランドピアノが買えちゃいませんか!?


と思いました



勿論、世の中にはキャッシュでお買い求めできる

素晴らしく諭吉さんに恵まれたお方も

いらっしゃいますし


何かしらの団体で、予算がおりる場合は可能として



あんまり値上がりしたら

世の中のピアニスト達は

借金王になってしまいますわ



ポルシェ買う位の気合いが必要ですね(笑)

Satomi
タグ:Piano
posted by satomi at 02:12| Comment(0) | 日記

気持ちの良い緊張感


詩人の詩村あかねさんに

演奏前に、フィガロの結婚

ケルビーノの朗読をして頂きましたるんるん


ロビーの春ドレス.jpg


ケルビーノは、イケメンの小姓で

熟女のお姉さま好き



「僕、恋ってどんなものなのか

分からないんだけど・・・教えて下さい黒ハート


と、年下の武器?を使いまして

お姉さま方から可愛がられております



伯爵からしてみると

この隙に、イイコトを!なんて思っていると


ケルビーノ氏がちょろちょろしてますので


おじさん的には、嬉しくない訳です(笑)



「くそぅ、おまえみたいなチャラいやつは

軍隊に行ってしまえ〜」


となります人影



最後は、モーツァルトさまお得意の

円満解決(笑)



どんなにゴタゴタしても

笑って円満解決リボン



・・・いったいどうやって?(笑)



世の中のこじれた人間関係は

彼の手にかかれば

全て円満解決してしまうのではないでしょうか



細〇さんの占いとか越えていらっしゃいますね



さて、お話を戻しまして


そんなケルビーノ氏の朗読を

詩村あかねさんは、丁寧に調べて


オペラの背景なども読み込みながら

文章にして下さいました



詩村さんがお話をなさる時


空気が、すっと締まります



凛とした緊張感と言うのでしょうか

そうした集中力や場を変えてしまう力は


詩村さんのオリジナルのエネルギーだと思いますね



その緊張感は

とても心地良い感じですわーい(嬉しい顔)


気持ちよく引き締まる一時でしたぴかぴか(新しい)

Satomi
タグ:Poem
posted by satomi at 00:11| Comment(1) | 活動報告