*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2012年02月21日

クリスタル弦楽器


テレビ番組でも見かけたことのある

「ハリオグラス」の弦楽器を演奏していました



ガラスのヴァイオリンとチェロ

と言うことになるのかしら?



お揃いのアイスブルーの衣装で

綺麗なお姉さん方が演奏していましたリボン



ハリオグラス.jpg


楽器としては、やっぱりちょっと

鳴らしにくいかな〜と思いますけど



(かなり圧力をかけて弾いていても

木の楽器に比べて、どうしても素材が

振動しにくいですからね


お二人とも、弾きにくそうに演奏していましたたらーっ(汗)




でも、見た目の清涼感は抜群ですぴかぴか(新しい)


むしろアンプを入れて

音量の調節でカバーしてしまって


ヴィジュアル路線、最重視で行ったら


プロモーションなどで使うのに

最高なのではないかしら?




どこぞやの美術館の展示で

確かこの子達(楽器)に

会ったことがありますね・・・


装飾の柄が入っていて、綺麗です




これに、昔KAWAIさんが作っていた

スケルトンのグランドピアノを合わせて


「クリスタル・ピアノトリオ」とか

遊んでみたら、楽しいのではないでしょうか(笑)





私は、その透明なピアノは

ちゃんと弾いたことはありませんが


当時、同世代の調律師さんとお話していて

“どう?”と聞いたら



「プラスチッキーな音がするぜぇ(笑)」


と仰っていました



改定プラスチッキー・トリオ?




伝統的な世界で、真摯に音楽活動をされている

弦楽器の演奏家さん達は


きっと、あまり良いお顔を

しなさそうですけどね・・・(笑)




とは言え、生み出されたものには

それだけが持つ

何かの「強み」がありますから



その個性の部分を拡大して

上手く生かしていければ


強力なウリになりますグッド(上向き矢印)



プラスに転じる力です

Satomi
タグ:violin
posted by satomi at 23:07| Comment(0) | 活動報告

一人遊び


鍵盤楽器は、能力をフルに使うと

オーケストラの曲でもコンパクトに弾いて

一人で何とか賄えてしまう特典があります




大編成のオケを雇えない時

でも、コンチェルトが演奏したい時


そんなソリストさん達の切なるお悩みに?

対応させて頂くのが、鍵盤奏者のお役目晴れ




好きな曲や、気になる曲があれば

自分でアレンジをして

どんどん弾いていけるので



アンサンブルでも楽しいですし


一人でも完結できるのが

強みかもしれませんリボン




ピアノ譜だと、右手・左手の2段譜

そこを、オルガンは3段譜でいけるので



“そうだ、らっぱのコンチェルトを弾けるかも”

と思って、トライアルしたのが


先ほど書いきました

「一人らっぱコンチェルト」遊び




内訳は



らっぱのソロ→オルガン右手

ピアノ譜右手→オルガン左手

ピアノ譜左手→足鍵盤



で、読み替えて演奏していくだけ手(チョキ)


原理はシンプルなんですひらめき




まぁ、内容的には込み合ってますが(笑)

練習すれば弾けます




出来るようになると

大音量フルオケで

コンチェルトをしている気分になれて


気持ち良いですぴかぴか(新しい)


冬の日に.jpg



そうして、レパートリーを増やす目的も加味しながら

いろいろトライアルして

一人遊びは悦に入っていきます




何時間放っておかれても大丈夫かわいい(笑)

Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 02:21| Comment(0) | 活動報告

トランペット協奏曲


お昼に空き時間が1時間できて

これなら練習ができるわ〜グッド(上向き矢印)

と有難くオルガンを弾いていたら



ソリストのトランペット奏者さんも

ご自身のウォーミングアップで

予定より早くいらっしゃっていました




演奏する曲を軽く合わせたあと演劇



私はオルガンで「一人らっぱコンチェルト」と称して


ラッパのソロとオーケストラの全パートを

みんな一人で弾いて、遊んでいたのですが



そこは、やはりトランペット奏者ダッシュ(走り出すさま)


すぐに、それに気が付いて


「なんでテレマン弾いてんの?(笑)」

と、オルガンのコンソールにやってきました



夜のシャンデリア.jpg



“私、テレマンのコンチェルト

すごく好きなんだけど


オルガンなら、一人で全部できるかな〜

と思って弾いてみたところ”



すると自然に

ソロを吹いてくれることになりましたるんるん




「わー、きついな〜最後」

など言いながら、お話も盛り上がり


ピッコロ・トランペットで

結局は全楽章、演奏してくれました本(笑)





ピッコロは、普通のB管のラッパに比べて

高い音が鳴る小ぶりな楽器なのですが


吹くのが、メチャメチャ大変で苦しいのです



この窒息しそうな難しい楽器で

よく皆さん、ちゃんと演奏ができるものだと(笑)


プレイヤーの皆様を尊敬しますね



ソリストさんは、普段もパイプオルガンの伴奏で

演奏会が良くあるそうで、オルガンに詳しく



オルガニストが本番で、両手両足がふさがって

ストップ(レジスター)を操作出来ない時の

助手のお仕事までやってしまうほどで・・・



(これって、譜めくりより難しいですから

オルガニストがやるお仕事なんですけどね)


ん〜、すごい





突然のコンチェルト大会は、楽しくて


“実は、ヘンデルのコンチェルトも

楽譜あるのよね”と出すと


そちらも、終盤を吹いてくれました演劇





「何かあそこで『演奏会』始まってる」

と言われていたようです・・・(笑)



まさに、そんな感じだったのでしょうね




さすがに、吹くのがキツいコンチェルトを

あまり沢山やりすぎると

ソリストさんがバテてしまうので



だいたい、本番これからですし(笑)

そのあたりで、ひとまず終結しました



ソリストさんは、清々しく


「あー、何か

やり切った感!ぴかぴか(新しい)


・・・笑



(もちろん、ちゃんと本番もハリのある音で

演奏していましたよ)



本気のウォーミングアップでしたね手(グー)(笑)

Satomi
タグ:Tp.
posted by satomi at 00:00| Comment(0) | 活動報告