*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2011年11月30日

贈り物


たくさん応援して頂いて

ありがとうございますわーい(嬉しい顔)


本番は終わっていても

自宅には、お花が届きます



ピンクのアレンジメント.jpg


「楽しい時間を、過ごさせて頂いて

本当に、ありがとうございました」




「最初から最後まで

夢のような時間でした」



など、皆さん嬉しいメッセージを下さって

こうして時間が経ってからも


贈り物がをして下さいますプレゼント



ありがとうございます


Satomi
posted by satomi at 09:45| Comment(0) | 活動報告

2011年11月29日

彼のお気に入り


ピアノトリオの印象で

「仲の良さが垣間見られました」

なるご意見を頂戴しましたメール



ありがとうございましたバー




私サイド(1カメカチンコ)から見ると

お兄さん達は、とても仲良しでするんるん


いつも一緒です手(チョキ)(笑)


喫煙所に行く時も、お食事の時も、ご一緒




17年も、演奏のお仕事をご一緒されていますから

そんなに長く組んでいられるのは

おそらく気が合っているのだと思いますし



最初に、ベーシストさんを探す際も


ドラムの増田さんの一番お気に入りの方に

お願いして下さいと言って

オファーを出して頂いたので



たぶん、大好き手(チョキ)(笑)



Satomi Itou 205.jpg

【撮影:SSTaB 加藤 純】




直也さんの方も、増田さんを思い遣っています



ドラムもベースも、大きな楽器や機材を毎回

練習から運ばなくてはいけない宿命なので


私から見ると、かなりのオオゴトです車(RV)



大きいお車で搬入になるのですが

駐車場を調べて、増田さんに資料を作ってあげていたり



必要な所では、アドバイスをしながらも

自分が1歩引いて、相手を立ててあげたり



全体が上手く回るように

とてもバランス良く調整する


そんな才能を持っている直也さんですひらめき



それは穏やかな優しさと

周りを受け止めていける、人間的な包容力があって

初めて出来ることなので



実は、とても凄い方です




私は、お二人に面倒を見て頂いていますから

お陰様で、居心地良くしていますかわいい



時々、だいぶ困らせている事も

あったりなかったり?晴れ(笑)





ちょっとしたお仕事とは違って

規模が大きくなってくると


責任や内容が重たくなってきて


演奏家に要求されることも

経験や能力を問われますから



それなりに、大変な感じですイベント



そこは、苦労するのが分かっている分

音楽もパートナーも

好きでなければ出来ないですし



好きだから選んで、組んでいます




たぶん・・・(笑)

※もしも違っていたら、後日訂正メモ
Satomi
タグ:TRIO
posted by satomi at 15:59| Comment(0) | ピアノ・トリオ

2011年11月28日

仁義なきアンサンブル


ドラムの増田さんも、ベースの直也さんも

とても優しい方達です



活動を共にしていると

色々と気遣ってくれています



Piano Trio.jpg

【撮影:SSTaB 加藤 純】




水曜日に、ふと気が付いた事実がアート



「もしそのテンポで弾くの大変だったら

ちょっと落としていいよひらめき


と、優し〜い感じで言ってくれて

練習でゆっくり弾き



「うん、そんな感じでも、良いんじゃない?」と調整



数回弾いて、私が慣れると


「じゃ、このテンポで行こうか」




あれ、早くなってる?


まぁ、いいか

とにかく弾けってことねダッシュ(走り出すさま)


=演奏=






「そこ連符、大変だったら

抜いちゃっていいよ?わーい(嬉しい顔)


優しいはからい


でも、5連符・6連符・7連符・8連符のミックスで

抜いたらかえって、訳分からない危険が



“気合いで弾きます・・・たらーっ(汗)


=演奏=







開演の直前に

「ま、のんびりいきましょうわーい(嬉しい顔)


甘い言葉にリラックスすると


だんだん温まったせいか



テンポ、速っ!!



さっき「のんびり」って仰っていたのは

どなたでしたかっ!?(笑)



始まっちゃってるから、これで弾くしかありませんダッシュ(走り出すさま)


=頑張って演奏=






「あのさー、速いと回んないからさー

もっとテンポ落としてもらっていい?」


直也さんが、お願いしていた曲の幾つか本



練習で一度落として、確認したはずが



本番は、速い!遊園地



“これでベース大丈夫なのかしら・・・?”

と心配していると



もっと凄いのは、直也さんで

ちゃんと弾いています(笑)



“わー、弾いてるんですけどあせあせ(飛び散る汗)

驚愕



=技術の限界に挑戦=







ゲネプロで、エレキベースの音量を落としてしてもらって

頭だけ合わせてバランスを確認したはずが



本番になると


でかー!演劇



自分のピアノの音、聴こえないんですけどー(笑)


まぁ、弾くしかありませんしねぇダッシュ(走り出すさま)


=もはや気にしない極致へ=







でも、ちょっと待って目



「大変だから、ゆっくり弾いて〜」とか

「バランス見て、小さく弾いてね」とか



諸々の、お打ち合わせ



みなさん、全て無効になってるでしょう!?





演奏のお仕事って、無茶ぶり天国ですから

長年それに慣れていると


平然と、何とかしちゃうものなので

特に怒ることでも何もなく



“こんなことに”と

むしろ笑ってしまうんですが(笑)





そんな私も、思えば

MC拒否の直也さんに


“あら、お話しないの?”

と打ち合わせていて


本番では、お話させていますしカラオケ




「このテンポだと、いろんなこと出来なくなっちゃうから

もうちょっと落とした方が、やりやすいかもな」


と言われた曲を


けっこう飛ばして弾いた気が(笑)


スミマセン・・・


=同罪=





結論は「やれ」と言うことです(笑)



「速くて大変?それなら無理しなくていいよ〜わーい(嬉しい顔)

じゃ、テンポでいこうか」



「弾けない?そっか、そうしたら

自分で工夫して弾いてみてわーい(嬉しい顔)



優しい配慮と、大きな矛盾足(笑)




無茶振り天国は、きっと

演奏家に染み付いた習慣なんですね




どこかのポジションがキツかろうが


3人とも、実はそれぞれが

自分の好きなようにやっていることが

分かりましたるんるん




それでちゃんと回るんだから

ある意味、凄いんですけどリゾート




すると、デザイナー中川さんから言われました



「もう、3人とも

打ち合わせしなくていいんじゃない?(笑)」

Satomi
タグ:Recital
posted by satomi at 18:51| Comment(0) | ピアノ・トリオ