*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2011年02月01日

救急車にて思うこと


今年もまた、救急車の同伴乗車でした病院



今回は、道がすいていたのか

真夜中でも、電話1本で5分もかからず来てくれる訳で

東京に住んでいるのは、こんな時に有難いなと思います車(RV)




1つ目の病院は、受け入れ拒否で

2つ目で引き受け先の病院が見つかり

何とか無事に、診察も受けられました




休日でも、診てくれる医師がいるのは、有難いなぁと思いながら



ひとまず緊急なオペの必要は無かったので、そこは少し安心ダッシュ(走り出すさま)


本人はまだしばらく、苦しいでしょうけど・・・たらーっ(汗)



点滴が減っていくのを眺めながら

去年の救急車の出来事を、思い出していました




家族が自宅で倒れて

一度、心停止して

7時間の手術の上、人工心肺での生命維持

ずっとICUでの毎日




突然 担ぎ込まれて、何のデータも無いまま

重篤な患者のオペをしなければならない、執刀医のプレッシャーは

かなりのものだと思いますが



命を救えるのは、凄いです




と、こうして書いている間も

外で、救急車の音が聞こえます耳




以前私が、聖路加国際病院に入院していた時


夜中に救急車の到着する音が聞こえるので、数えたところ

一晩に6台位、来てました・・・(う〜ん、多いあせあせ(飛び散る汗)




今日も、患者さんを助けるために

みんな頑張ってます病院



救急車を呼んだり、色々と説明したり、準備するのも、手馴れてきますが

それよりも、早く本人が回復して、良くなって欲しいものですもうやだ〜(悲しい顔)



Satomi
タグ:Health
posted by satomi at 04:30| Comment(0) | 日記