*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2011年02月28日

穏やかなツッコミ


オシャレ好きな先輩のミッチーは

後輩の面倒見も良く



気付くと、他の子の楽器運びを手伝っていたり

絡まったイヤホンを直してくれる優しい先輩です


そんな彼は、ツッコミも穏やか晴れ




Vib.の伴奏をした時

(※鉄琴に、パイプとペダルとコンセントが付いている楽器です・・・笑)


Jazzの作品を演奏しまして



ちょうど、スーツ着用でシックにキメていたので

ミッチーの演奏もようを、動画で撮影しました



“プロモーションビデオみたいに撮れた手(チョキ)

と喜んでいると


「いったい何処にプロモーションするんですか・・・!ダッシュ(走り出すさま)






本番が終わり、廊下でミッチーとヨッシーと3人で和やかにおしゃべりいす



この頃、ヨッシーはピアノに目覚めたらしく

「最近、僕ピアノを弾くのが楽しいんですよね〜」と言うので




“そうしたらヨッシー、ピアノ弾いてみてるんるん

私、マリンバやってみるから黒ハート

と提案すると



横でミッチーが


「うわぁ・・・壊滅的バッド(下向き矢印)

とツッコミ




初心者マーク全開・初めてのマリンバと

リズムのあやしいピアノのコラボ




確かに、アンサンブルが成立するまで

3年位たゆまぬ修練が必要かもしれません





そんなミッチーも、たまにはツッコミ所満載リボン



ドラムの増田さんの、素晴らしくカッコイイ演奏に

大興奮でメールを送ってくれた日のこと



「もう、めちゃめちゃカッコ良かったですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

伊藤さんのピアノも、初めて聴きましたけど

めっちゃカッコ良かったですよ!!」



ん?


初めてですって?




私、ミッチーの伴奏で3回は本番やったんですけど

少なく見積もっても、20回は横で弾いているはず




“さーてーは、ミッチー!雷

伴奏してる時、人のピアノ全然聴いてなかったでしょう!”




「いやいやいやいやいやあせあせ(飛び散る汗)

そ、そう言う訳じゃないですよあせあせ(飛び散る汗)




ええ、ちゃんと分かってますってーひらめき(笑)





ちなみに同じ話題、大輝さんからは


「伊藤さんのピアノをじっくり聴くのは初めてでした

伴奏してもらっている時は、横で鳴っていても

聴く余裕が無いので・・・」


と詳しく説明付きのメール



あぁ、これではツッコメナイバッド(下向き矢印)



Satomi
タグ:Rest
posted by satomi at 01:31| Comment(0) | 日記

2011年02月27日

我は咲くなり


“人、観るもよし

観ざるもよし

我は咲くなり”



雪舟庭園.jpg


大切なのは“丁寧に生きること”


一期一会の日々を、心をこめて生きること



ですってかわいい


Satomi
タグ:Rest
posted by satomi at 23:58| Comment(0) | Messenger

2011年02月26日

歌声は鳥のように


仲良しで、お互いにフィーリングの合う

テノールの堀江さんと鈴木さんのお話です


アレンジメント.jpg


会場で、お客様をお迎えする準備をしている時


ふと、堀江さんがコロラトゥーラの曲を歌い始めました



(※細かい音符で装飾を付けて

転がすように歌っていく技法です


昔、カストラートと言うソプラノ声部を歌える男性歌手などが

美しくきらびやかな歌唱技術を披露する為に歌う曲です)




何だか、楽しげるんるん



すると、向こうから鈴木さんが応答する歌声




いつの間にか、その歌声は

見事な2重唱になっていて


微笑ましく楽しい感じわーい(嬉しい顔)




本当は、参加したかったのですが

私は鍵盤なので・・・手が取られると

作業はサボりになってしまうため手(パー)


ひとまず、聴いて楽しんでいました




声楽家ならではの、アンサンブルですからねぴかぴか(新しい)



それはまるで

楽園にいる2羽の鳥達が、伸びやかにさえずっているようですリゾート



こういう事が出来るのも

音楽家の醍醐味なのかもしれませんね




私が一人で練習していても

すーっと誰かが歌い始めて

そのままアンサンブルになる時があります本



歌だったり、フルートが入ったり、時にヴァイオリンだったり・・・



一人の音から、二人、三人と

自然にアンサンブルは増えて



音の綾は、空間に響き合いながら

絡まり、交わり、清涼な光彩を放って

昇華していきます



そんな時間が心地良く



音楽を奏でられる職業に就いた人達の

幸せな時間かもしれません



Satomi
タグ:organ
posted by satomi at 04:20| Comment(0) | 活動報告