*** Wishing you Happiness ***

DSC_0425.jpg

いつもご訪問ありがとうございます

皆様の温かい応援に、感謝しております

 DSC_0150.jpg                        
【Photos by Ebico (海老原博和)】


音楽を奏でるような、素晴らしい日々になりますように


Salon Les ailes.jpg
Photo by Satomi Ito


コンサート・サロン “Les ailes”(レ・ゼール)

2017年07月23日

花火師


打ち上げる花火師の職人さん方のスケジュールがあるので

出来る限り当日に決行することが多い荒川の花火


土砂降りの雨が降っても、夕立でも

さらには雷が落ちても(そんな年もあったのです)

私が物心ついてから知る限り

ひたすら当日に決行していました


夏はそれこそ、あちこちの花火大会に向かい

打ち上げるのが花火師の皆さんのお仕事の中心かと思いますが

その他の季節は、ひたすら仕込みに明け暮れていらっしゃって



尺で採寸しているので、何尺玉と表記されていますが

特に、大きなサイズの花火は

まるで巨大なスイカ玉のようです

(近年は、もっと大きなサイズのもあるようですね)


小さな火薬をコロコロと上手に詰めて

和紙で境目をこよりながら、上手く玉を一つ仕込むのに

丸一日かかるそうなのです手(グー)


完全に円形にならないと、夜空に美しく開いてくれないので

一個一個の火薬の玉(「星」と呼んでいました)

それを1ミリも狂うことなく、上手に完璧に敷き詰めて

やっと完成するそうなのです


食事もとらずに12時間、引きこもっての作業

しかも温度や湿度、お天気の変わり具合で

作業しながら、そう言った要素が関わってしまうので

集中力が物を言う作業ですね・・・!



カラフルな色で夜空に開く元の、その「星」と呼ばれる玉は

一個が2cmほどの大きさなのですが


小さな菜種に火薬をコーティングして行って

回転する窯でくるくると回しながら

溶けた火薬の薬剤のような液体をかけて

玉を徐々に大きくして行くようです


可愛いお菓子のようサッとは行かず(笑)

天日に干しては、またかけて・・・

を延々と繰り返し、3ヶ月(な、長いです)



夜空に開いた時に、キラキラと色が変わって行くのは

どういう仕込みをしてるのだろうかと

以前は不思議に思っていましたが


「星」を作る段階で、薬品の配合を変えて

コーティングを重ねていくと

紅色から紫を経て、青に変わるなど

幾つものパターンができるらしいのですぴかぴか(新しい)


それも、失敗すると綺麗に出ないそうで

パティシエ並みの、緻密なグラム配合が必要です


熟練の花火師が仕込んでも

最終的には「上げてみないと分からない」ようで

美しい円形が、ちょっとの事で歪んでしまったりするので


手元で0.1ミリの狂いが

上空に飛ばされると、放射状に広がるゆえに

何メートルもズレてしまうのですね



仮に一日ひとつずつ仕込んでも

勝手な計算で、年間で200個とか?頑張って300個とかでしょうか?

そうすると、花火大会で12000発なんて言うのは

相当な時間と労力がかかっている玉を

一瞬にして消費??



でもその、一瞬にしてはかなく消えていくところに

「美学」があるのだと


その潔さが、人生そのものなのだと

賞をお取りになるような花火師の

野村陽一さんは、インタビューで語っていらっしゃいました



「一瞬にして消えるから、記憶に残る」と


Satomi
タグ:season
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2017年07月22日

花火に思う


今は引っ越してしまいましたので行っていませんが

昔、住んでいた場所が荒川の近くで

夏は花火大会が身近でした夜



有難い事に、屋上からもちょうど目の前で花火を観る事も出来て

働く傍ら、仲良しの友人達と浴衣を着て

土手まで観に行く年もありました


友人だけでなく親戚やいとこ達が来る年があったり

皆に子供が生まれて、お顔を出してくれる可愛いメンバーが増えたり

ご近所の方もいらしたり、両親の古いお友達が色々と来てくださったり


毎年、入れ代わり立ち代わり

様々なつながりの方がいらっしゃいました手(パー)


思えばちょうどバブルの頃だと

スポンサーが沢山いらっしゃったからだと思いますが

打ち上げの規模が、これでもかと言うほどに盛大でした


もともと大量に連発する「スターマイン」を

さらに同時に、何か所からもセットで一斉に打ち上げる

至近距離で雷鳴が轟くごとくの大音量の

一斉打ち上げを終盤は、兎に角しきりにやっていて



これでもかー!という、すごい爆音に

昔は祖父母が「空襲」と言っておりました(笑)

(実際に戦争体験者ですからねあせあせ(飛び散る汗)



経済の潤いとともに花火プログラムも変化しながら

それでも、こうして途切れることなく

聞けば明治年間から100年近く続いているそうですから

夏の風物詩ですね



浴衣姿の女の子達が多い日は

どこかで花火大会なのかな、と思いながら


イベント事に参戦します!というアツいモチベーションが

空蝉のように無くなってしまった昨今では

普通にお仕事をして帰ります(笑)

(音楽イベント事を提供する側におりますので・・・)

Satomi
タグ:season
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 日記

2017年07月21日

一位


歴代、日本での名前の通る優秀な声楽家を出している

声楽コンクールの本選を聴きにお伺いしました本


行けば必ず、どなたか声楽関係の知り合いに出会うと予測した通りわーい(嬉しい顔)

何人かは伴奏させて頂いた声楽家さんにお会いしました



最終審査の対象の出演者の人数も、10名ほどいらっしゃったので

全部が終わるまで4時間位かかりましたが

客観的に演奏をお聴きするのは、とても良い勉強になりますいす



IMG_20161218_151322.jpg



普段演奏してる時は、自分が音を鳴らしている本人ですので

自分の場所で鳴っている音の感触と

聴こえてくる感触にはどうしても差ができます


客席で完全集中して冷静に聴くのと、演奏中は違いますし

どちらかと言うと、しっかり聴く事に徹した時の方が

出来ている事とそうでない事が明確に分かるので、良い勉強になります


表現した「つもり」ではなく←失敗としてよくあるのですあせあせ(飛び散る汗)(笑)

表現「できる」にならないといけないですからね



狙った効果が出る、出ないとか(まるで必殺技みたいですけど?笑)

表現がどう伝わるか、あるいは薄まってしまっていて来ないとか


プレッシャーのかかる厳しい局面で

自分の持ち味の素晴らしさを、どう出しているか


同じ曲、作品、オペラであれば役に対して

どんな事を考えて、何を表現しようとしているか


音のひとつ、声のひとつに

どんな意味を込めているのか

肉体的にも精神的にも、どうコントロールしているかなど

参考にも勉強にもなるのです



どなたも、それぞれの声の良さとか持ち味があって

パワフルだったり、キメ場所にしっかりエネルギーを持って

素晴らしい演奏者さんの時は、客先からもブラボーの声が

度々飛んでいました



前半プログラムと後半プログラム

それぞれで、テノールの歌い手さんが特に素晴らしかったので


“予測として、このお二人が!”と言いながら

一緒に聴いていた知り合いの歌い手さんと

陰で勝手に審査員?をしていて


最終的には予測通り、そのお二人が1位と2位で

受賞なさっていました



授賞式の後には、一位のテノールさんが

一言お話する場面もありましたが


二次審査で受かってから、本選までの間

相当お辛かったとのことで

泣いていました



表現力の豊かな、いわば表現の引き出しの沢山ある

素敵な演奏をされていました


よく練って考えて、磨いて準備なさったことと思います

賞金も170万ほど出るようですので

音楽活動のプラスになるのではと思います



受賞式の時に“やったー、おめでとうー”と言って

横にいらっしゃる知り合いの歌い手さんの顔を見ながら

パチパチ拍手していたら


「いや、俺が受かった訳じゃないから・・・!」

言ってました(笑)

Satomi
タグ:Concert
posted by satomi at 23:00| Comment(0) | 活動報告